ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

2018年7月15日 (日)

梶山浩先生のご冥福をお祈りして

というわけで、大洗から帰還しましたので、いつもの大洗紀行を書くのが常なのですが、ホテルでtwitterを見ていたところ、大変な情報が流れてきて、凍り付きました。

梶山浩先生の訃報でした。すぐさま、ソースを確認しましたが、そのうちに息子さんが情報をアップされて確定しましたので、twitter上でおくやみを書きましたが。二十数年……いや、ほぼ三十年ばかりファンをやっていただけに、こちらにも一筆書いておきたい気持ちがあります。
私が梶山先生の作品を入手したのはPC-9801版のドラゴンマスターシルクが最初で。欠点も多い作品でしたが、軽妙なシナリオにシンプルな造りと、当時最新の使用だった仮想メモリーを使って戦闘データを読み込めば、あとはキャッシングによって超高速戦闘が可能という、フロッピーとMS-DOSで動くソフトとしては画期的なものでした。もちろん、パッケ買いですから、先生の絵に魅了されたというのは当然ですが。
その後、IIも発売され、小ナスちゃんかわいいよ、小ナスちゃんという感じで。
セガサターン版もシナリオやマップ後半がアレでしたが、アニメーション戦闘をキャッシングする手法は健在で、サターン上での高速戦闘を実現していました。
そして、シルクのシリーズとしては移植であるWindows版を覗けば最終版となった外伝の「すごべんちゃー」ですが。これは、すごろく+恋愛要素というこれまでの作品とは全く異なるシステムでしたが、ケイミョウナシナリオと完成度の高いシステムで、かなりやり込んだ記憶があります。小ナスちゃんかわいいよ、小ナスちゃん。
そして、ついこの間、すごべんちゃーの画面ショットがtwitterに投稿されて、何か動きがあったらいいなー、と思っていた矢先でした。
ちなみに、その後の私はネット時代になって情報を入手し、同人誌を買い、大人向けのリンガーベルの方にも手を出し、当然商業作品も集め、イラストを手がけた小説なんかにも手を出し……という感じで。最近は同人誌こそ発行されていませんでしたが、商業連載もされていましたし(直近は連載休止でしたが、リュウがWEBに移行したドタバタもあって、あまり気にしていませんでした……)。何より、数日前までtwitterでつぶやかれていましたから、体調が悪いとかつゆとも思っていませんでした。
それだけに、突然の訃報に正直、気持ちが付いていかないというのが本音です。これから、新作が読めない期間が続くにつれて、ひしこひしと喪失感を感じていくのかと思います。何より、シルクの新作を見るという夢が叶わなくなったことが何より残念です。
心より、ご冥福をお祈りいたします。

2018年7月12日 (木)

1ヶ月分くらい死亡中

というわけで、やっかいな仕事が一段落付いて、死にそうです(笑)。
今日1日で1ヶ月分くらいの体力を使いました。
週末は家で寝ていたいところですが、お出かけです。
余力があったら、ツイッターで飯テロとかしたいです(笑)。

ところで、大洗サンビーチの駐車場って、海水浴シーズンはお金取るんだね。海水浴が出来ない時にしか行ったことが無かったんで、知らなかったわ(笑)。

2018年7月10日 (火)

「ストライクウィッチーズ Memorial Episode いっしょだよ(佐伯昭志/KADOKAWA)」を読む

というわけで、一緒にこちらも読んでました。

20180709_sw

「ストライクウィッチーズ Memorial Episode いっしょだよ(佐伯昭志/KADOKAWA)」を読む。こちらは、最新刊ですな。
TVの第1シリーズの1話分を抜き出してノベライズするという。既に何年も前のテレビシリーズということを考えると異常な感じです。作者の人の持ち込み企画のようで、KADOKAWAとこのシリーズの繋がりの深さを感じます。というか、ガルパンもそうですが、ミリオタがバックに付いていると、持続性が長いのですよねー。10年20年平気で同じネタを続けている連中ですから(笑)。
そして、この本の主役は、ほぼサーニャで、まぁ、サーニャかわいいからいいけど、実に不思議な感じです。
このころは、まだエイラもそれほど変態じみていませんが(笑)。

そんなわけで、ストライクウィッチーズも第3シリーズが予告されて、今度はカールスラント戦線になるようですが。佐伯さんが脚本をやるようで、そういう意味でのタイミングが良い出版だったようで。
ちなみに、ここで「501部隊発進しますっ!」のアニメ化が楽しみとか、口が裂けても言えないですね(笑)。

2018年7月 9日 (月)

「ブレイブウィッチーズPrequel3 オラーシャの遠雷(築地俊彦/KADOKAWA)」をようやく読みましたが……

20180709_bw

週末「ブレイブウィッチーズPrequel3 オラーシャの遠雷(築地俊彦/KADOKAWA)」を読んでいたのですよ。
そして、島田フミカネ氏のあとがきを読んで「筑地氏に『いらんこ中隊』のその後までを埋めさせる設定を任せたみたいだから、おそらく、続きも書いてもらうのではないか」と予想したわけですよ。
でもって、日曜の夜、Twitterを見ていたら。ちょうど日曜にやっていた「みんでき」で「いらんこ中隊リブート」の発表とは。やはり、新刊はさっさと読んで、感想を飛ばしとくべきですね。これじゃあ、後出しだ(笑)。
ということで、テレビ版の前日譚となるプリクエルですが。3巻ではいらんこ中隊との共同作戦です。といっても、オリジナルメンバーは迫水さんしかいませんが。そして、相変わらずのウィッチきっての陰獣ぶりを発揮しています(笑)。クルピンさんとは気が合うんじゃないかと思いましたが。たまたま今回は、みたいな感じでしたな。
それより、ジョゼさんと下原さんのラブラブぶりの方が印象的でしたが(餌付けされている、とも言う)。
あと、面白かったのは、ラル隊長とミーナ隊長のやりとりですか。アレ、501の方はえらいことになっていると思うけど。
迫水さんは相変わらずですが、ヤマグチ氏に比べると、やっぱりソフトかなーという気はしますね。そのあたりは出身媒体による違いかもしれませんし、穴吹さんがいないからかもしれませんし。しかし、眼鏡かわいいということを言ってあげる人は、あの時代にはいないのですかねー。
個人的に、502の話がここで一区切りなのは残念ですが。とりあえず、秋のいらんこ中隊の方を期待しています。

2018年7月 8日 (日)

白メダカ全滅

今週初め、熱暑の中で白メダカが全滅しました。1日に2匹ずつくらい。全部で5匹ほど。
うちの水生生物は大抵が川で捕獲してきたものですが、白メダカは親戚の家からのもらい物です。飼育もすでに3年目に入っており、屋外環境で毎年変わりません。
ネットで調べても、白メダカは他のメダカと比べて特に弱いということはない、と言う人が多いですが。今回の結果からすると、程度の問題のようです。
ちなみに、もらってきた親戚の家ではかなりの数に増えていたのですが。昨年の猛暑で全滅しています。こちらは、飼育環境の問題で、明らかに日の当てすぎかと思いますが。
対して、うちの飼育環境は直射日光が当たらない日陰で(間接光は普通に入る)、飼育水槽(衣装ケース改)の上には半分よしずが掛けてあり、水草も入っております。また、通常の黒っぽいメダカ、緋メダカも沢山混泳させておりますが、こいつらはピンピンしております。凄く小さい子供のメダカも、普通に泳いでおります。あと、小エビもなんともなさそうです。
天気としてはからっと猛暑という感じではなく、湿気が高くて不快指数マックスという感じでしたが、水の中の生物に影響があるのでしょうか。
結果として、白いメダカのみが全滅したことからして、「白メダカが他のメダカより弱い」と思わざるを得ません。他と同じという人は、その閾値よりも下で飼育しているというだけでしょう。先週までは、私もそう思っていましたからねぇ。

2018年7月 6日 (金)

毎日寝オチ

最近、週の頭に更新すると、週末まで更新が止まってますが。
まったくもって、寝オチしております。暑くて扇風機をかけていますが(クーラーなどない)、どうせならごろっとしたいし、ごろっとすると気持ちよくて寝てしまう……ということを繰り返していたら、いつの間にやら週末に(笑)。
そして、今日も超眠いので……。

ところで、マジカルドロップがプレイしたくなりました。3を探してみるかな。
アプリ版が廃番なのが実に残念というか、データイーストさえ生きていてくれれば……。

2018年7月 3日 (火)

下駄の修理

G006

というわけで、前からやろうやろうと言っていてなかなか出来なかった下駄の修理&改造です。
一本歯の下駄は歩くだけでバランスをとるために重心位置がしっかりするため、普段でも歩く時の姿勢がやたらと良くなり、なかなかよろしいのですが。木製の為、歯がよく減ります。
お店によっては「音の静粛化」のためにゴムを貼ってくれますが、アスファルトで削れる為に端から減っていきます。これを靴底補修剤や木工パテで修理しながら使っていたのですが、もはや限界ということで根本的に治すことに。
ちなみに、歯の部分を平らに整えるにはノコで切るのが早いのですが。形状的に歯を抜かないと不安定で危ないので、今回は「足す」方向で。

G001

まず、歯に貼られたゴムを剥がします。さすが、かなり強力に貼られているので。カッターで切れ目を入れて、ペンチで巻き込むようにして。角が削れているのは蹴る時の力が真っ直ぐ入っていない為。ぼつぼつと凹んでいるのは石などを踏んだ時にゴムを通して木の部分まで凹んでしまったようです。
黒いのは靴底補修剤の残りです。

G002

ここに木工パテを盛って1日待ちます。今回はコニシのボンドウッドエポキシを使用。エポキシパテは硬くなると加工が困難なので、1日たったらさっさとカッターで削ります。

G003

で、面が出たら、その上からゴムを貼ります。5mmくらいが良いような気がしますが、ある程度硬くないとすぐに減ってしまうので、今回は10mm貼っています。オリジナルよりも高くなっています。ちなみに、見てくれを気にしないので、ハサミでカットしています。カッターなどでも一気に切るのは難しいので、見栄えをよく加工する方法は今後の課題です(薄いのは簡単に加工出来ますが)。
貼り付けはゴム系のボンドで。G17かGクリアで良いでしょう。これも乾燥に1日おきます。

G005

そして、仕上げに滑り止めを貼ります。……これが今回一番のキモなのですが、もう作ったのが大分前だった為か、製作途中の写真ファイルが出ててこない……あれ、捨てちゃったかなぁ。
元は100均で売っているステンレス製のおろし金。幅が足りないのは、けちったため(穴加工されている部分の面積が意外と小さかった)。安い代わりに湾曲しているただの板なので加工は簡単。叩いて伸ばして、ジグソーや糸鋸などに金属が切れる刃を付けて四角く切り。ドリルで4隅と真ん中に穴を開けて。釘で下駄の歯に打ち込みました。
ちなみに、釘はステンレスの丸頭化粧釘です。ゴム部分を貫通しないと留まらないと思われるので注意。あと、ドリルで下穴を開けましたが、ゴムが締まるので、全然ありがたみがなかったです。

というわけで、完成して冒頭の写真になるのですが。果たして、これでゴムが減らないことになるのかはまだ未知数です。角が削れるようなら、2枚を横並びにして、ちゃんと幅一杯にしないといけないということですな。
あと、当然誰もが思う「アスファルトに金属なんて……」という問題ですが。試しに歩いてみたところ、滑り止めの効果はかなりいい感じで、ゴムだけのときの不安定さはなくなっています。ただ、当然のように。アスファルトを金属ですり下ろすようなジャリジャリいう音がたまにします。おそらく、歩いているうちに尖った部分が削れて音はしなくなるかと思いますが、この辺も、要経過観察ですな。
蹄鉄のような物を売っていればいいかと思いますが、さすがに見つかりませんでしたので……。

2018年7月 2日 (月)

「武田日向画集 リュミエール(武田日向/KADOKAWA)」が発売

20180702_lu

「武田日向画集 リュミエール(武田日向/KADOKAWA)」が発売になりました。
おそらく、武田さんの最後の出版物になるのではないかと思います。
GOSICKなどの小説のイラスト、やえかのカルテや異国迷路のクロワーゼなどの漫画のイラスト、カラーページなどが収録されています。
初期の作品から、繊細でかわいらしいイラスト、漫画作品ばかりなのですが。やはり、クロワーゼのカラーイラストに関しては、構図や色遣いが「素晴らしい」の一言で。特に、円周魚眼で覗いたようなイラストの構図は、初出の時から凄いと思っていましたが。こうして、大判の媒体で見ると飽きることなく見ていたくなります。……今度の旅行には魚眼レンズ持って行こうかねぇ。
無い物ねだりになりますが。このまま進化していったら、どういうイラストが見られただろうか、と思うとやはり残念としか思えません。出来れば、もっと大きなパネルなどでも販売して貰えたら、とも思うのですが。いつかそういったことが実現する日が来るのでしょうか(妹さんもイラストレーターをされていますから、KADOKAWAさんが忘れない限り、希望はゼロでは無いと思うのですが)。
これまで似ていると思う作品に出会えなかったことからも。読んでいて、武田日向さんのイラストは武田日向さんにしか描けないものだった、というのを痛感しています。正に手元に持っておきたい一冊です。

7月と言えば

週末、寝てばかりいたら、いつのまにか7月になっておりました。昔は、7月1日と言えば市制記念日で、小中学校が休みだっただけに、なおさらこの時期はやる気が……(笑)。

2018年6月29日 (金)

猫に小判、豚に真珠

最近、更新が滞っておりますなー。
最近、オークションで負けまくりです。特に、最近おもしろがっているデスクペン関係で全く手が届かなかった時には自分の認識違いなのか、相手が凄すぎるのか全くわかりませんでしたが。

それはともかく。先日、セーラーの旧タイプのプロフィットスタンダードを入手したら、ニブが今は亡きS-M(ソフトミディアム)でした。セーラーの最近の型のソフトニブは初めてだったので、どんなものかと思いましたが。私のレベルでは「H-Mより太いナー」くらいにしか(笑)。なんというか、豚に真珠。

«「葬儀姫(もとなおこ/ハーパーコリンズ・ジャパン)」1巻が発売中

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31