ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

2018年5月22日 (火)

「ルパン・エチュード(岩崎陽子/秋田書店)」2巻が発売中

20180521_le2

「ルパン・エチュード(岩崎陽子/秋田書店)」2巻が発売中です。
今回はエピソードとして原作の「カリオストロ伯爵夫人」になっています。当然、1冊では終わらないので、まだ冒頭部分です。
このシリーズは、アルセーヌ・ルパンとラウール・ダンドレジーが二重人格の同一人物というオリジナルのガジェット(ギミックといった方が良いか?)を組み込み、語り手としてヴァトーというルパンの友人を配することにより、原作のルパン譚を大胆に語ろうという愉快な作品で。1巻ではサーカスにまつわるオリジナルエピソードを中心として「マダム・アンベールの金庫」を組み込む形でしたが。2巻はストーリー的にはまんまカリオストロ伯爵夫人です。
ただ、原作を知っている人は思い当たると思いますが。この作品、若いルパンが二人の美女の間でフラフラする話、という割とアレな感じの話なのですが。ここに、ルパン二重人格というギミックを組み込むと、ストーリーが全く別のドラマになるわけで。確かにオチまで知っているストーリーなのに、実に新鮮なものになっています。
これは面白い。
作者も、最初からこれを狙っていたとしたら、かなりの策士です。
パスティーシュをうたっていますが、実際には原作に限りなく近い語り直しのような作品なので、今後のドラマ的展開がどうなるのか、実に興味深いです。

2018年5月21日 (月)

「金の彼女 銀の彼女(赤衣丸歩郎/講談社)」10巻完結

花粉のせいなのか、目が痛くてだるいという困った状態です。休みてぇ(<昨日休みだろ)。

20180521_kg10

「金の彼女 銀の彼女(赤衣丸歩郎/講談社)」10巻完結です。
メイドガイ、ゴルフ13と打ち切り、ブラック嫁は続きが出ないなかで、ついにシリーズ完結作品です。目出度い。
ということで。お嬢様が女神の泉で二人に分れてしまい。彼女に恋する登郎は分裂したうちのはすっぱで銀の髪を持つ銀香と暮らしながらも、お嬢様で金の髪を持つ英里華にアタックする。というような感じのいつものラブコメですが。
最終巻では、一人を選んだらもう一人が消えてしまう、という究極の選択を迫られる登郎、という大変なシチュエーションで。とんでもなラストを迎えます。これまでにも三角関係の漫画と言えば数限りなく。オレンジロードにしても、みゆきにしても、ラストでどちらを選ぶのか、というのが物語の全てでしたが。この作品は新たな回答を切り開きました。その答えは本編を読んでもらうとして。まー、赤衣キャラらしい馬鹿野郎だからこそ出来た話というか……。
しかし、この作品が最後まで走り切れたのはこれまでの作品に比べるとオーソドックスなラブコメになっていたからなのか。フェティシズムを追及しすぎてはいけないのでしょうかねぇ。
個人的には、ヒロインがオーソドックスな美少女過ぎて……。
とりあえず、メイドガイの完結編とかブラック嫁の続きが読みたいのですが……。

2018年5月20日 (日)

「小林さんちのメイドラゴン 公式アンソロジー(双葉社)」4巻目

新刊色々出ていますが、なかなか家でパソコンに向かう集中力がありません(笑)。

20180519_ka4

「小林さんちのメイドラゴン 公式アンソロジー(双葉社)」4巻目が発売されてます。
ということで、公式アンソロジーです。アンソロジーというと他社では同人作家を連れてきて編集しただけとか、連載前の新人作家に書かせたりしてお茶を濁したような物が多く、買ってもなかなか本棚に居着かなかったりしますが。
このシリーズは双葉社で連載を持っている漫画家さんを投入しており、基本的に豪華です。
また、クール教信者氏自身が表紙だけでなく、ラフスケッチやあとがき漫画を掲載していて、原作ファンにとって所有する意味も大きくなっています。
で、今回の4巻はようやくイルル回ということで、表紙もあとがきもイルルです。イルルかわいいよイルル。中の漫画も面白いので、普通にオススメ出来てよろしいです。
イルルファンにはあとがきのイルルがイルルらしくてよろしいです。

2018年5月17日 (木)

「ぶんぐりころころ(安藤正基/講談社)」2巻が発売中

20180517_bung

ということで、八十亀ちゃんに続いて「ぶんぐりころころ(安藤正基/講談社)」2巻を読む。
最新刊ですが、いつもの本屋で売り切れだったりしたので、通販で買ったのですが。この男が表紙で本当に売れるのでしょうか?と思ってしまいましたが。まー、作品が打ち切りになったので……。
ということで「かきごごち文具店」の娘・柿心地さららを主人公に、テーマパークを作る為に立ち退きを迫る先端テクノとのやりとりを描くこの作品。
2巻では姉のりりかが登場したり。クラスメートの跡形消→さらら、近所の子供の跡形火水子→テクノの一方的なラブコメがあったり。火水子たちのクラス担任が29才なのにやたら可愛かったり。文房具漫画の中ではキャラ立ちが一番あっただけに、新キャラか゜゛かつや区する場もなく終わりというのは残念だったりします。とくに、先生はもうちょっと出番があればねぇ。
まぁ、もしかするとキャラが立ちすぎて、さららが文具サイコパスみたいな感じになってしまっていたのがアレだったのかもしれませんが(笑)。
ということで、ラストはすっきりと終わっていますが、ちょっとばかり物足りなさが残りますな。キャラだけでも八十亀ちゃんの方に出張……とも思ったけど、あっちは4コマなので、キャラ増やすというわけにもいかないだろうからなぁ(名古屋の話じゃないだろうしなぁ)。

2018年5月14日 (月)

「八十亀ちゃんかんさつにっき(安藤正基/一迅社)」を読む

20180514_yato

「八十亀ちゃんかんさつにっき(安藤正基/一迅社)」3巻まで発売中です。
ということで、「ぶんぐりころころ」の安藤先生ですが……こっちの方が有名でしょうか。
ご当地ネタ漫画というと「翔んで埼玉(魔夜峰央)」あたりがハシリかもしれませんが、アレはかなりキツイパロディなので。アルアルネタ的なものとしては「お前はまだグンマを知らない(井田ヒロト)」あたりから増えてきたような気がします。……アレも大概な内容だがね。
ということで、八十亀ちゃんは名古屋のあるあるネタ漫画です。前に挙げた2作品に比べれば、内容は至極まともというか、大した誇張もなく、実際に名古屋を知っている人なら「ああ……」と思う内容です。多分。
ちなみに、主人公は東京出身の転校生、ヒロインは生粋の名古屋人ですが。脇を固めるサブヒロインは「岐阜」と「三重」の人です。どっちかというとこちらの方が問題で、ほぼ「名古屋の属国」扱いされていますが……文化圏という意味では、岐阜の名古屋寄りの所なんかは、名古屋と呼んでいいような……。
ということで、内容にあんまり笑いを感じないんですが……それは、自分が東海3県に住んでいないにも関わらず、名古屋の文化圏→静岡県西部に住んでいるから。もう少し言うと、高校野球とか、基本的に東海4県なんですが、静岡は岐阜・三重に比べると独自色が強いというか、名古屋文化圏に属するのは西部だけなのでのけ者にされているのか。
ということで、「名古屋」を知っている人よりも、知らない人の方が文化的ギャップが笑えるのかもしれませんが。この作品で一番ディスられているのは東海から存在を消されている静岡だということを……。

2018年5月13日 (日)

「月が導く異世界道中(木野コトラ/アルファポリス)」コミック版を読む

20180513_tuki

「月が導く異世界道中(木野コトラ/アルファポリス)」4巻まで発売中です。
原作はあずみ圭氏の小説。オンラインゲームのベースにもなっています。
ということで、アルファポリスのサイトで読めるのですが。最初の方を読んでいて非常に気に入っていたのですが、オンライン連載は見逃すことが多く、気がついたら4巻あたりまで話が進んでいて。「アルファポリスの単行本、高いんだよなー」と思いつつ、購入しました。
ということで。よくある異世界召喚ものですが。両親が向こうの世界の出身で、こちらの世界に来る時に大切なものを差し出すとの約束をしたということが発端になるのですが。向こうの世界の女神が美醜のみを基準としている為、普通の容姿の主人公は人間の言葉を話す恩恵も貰えず(他の種族とは話せる)、裸一貫での辺境に飛ばされることに。ただ、こちらの世界が神の恩恵少ない土地ということで、身体能力が上昇したのと。こちらの女神である月詠様が恩恵をくれたので、能力的にはチートなことになっています。
タイトルは、おそらく月詠様に由来しているのでしょう。
ということで、恵まれない主人公が辺境のオークの村から始まって、仲間を増やしながら成り上がるような話です。まー、勇者とかも召喚されていますが、コミック版では連載でようやく出てきたところ。ということで、主人公もとりあえずは世界の平和とかそういう核心部分に関われないまま、商人としてやっていくことになっています。お供も美人が二人ですが、中味は結構アレですし。異世界召喚ものも普通の設定では、もはやスタートにも立てないような数になってしまっていますが。その中でも、個人的には一番面白い作品かと思います。
ちなみに、ヒロインでは、日本美人さん担当の方の澪さんがお気に入りですが。まぁ、主人公がもったいないというか、さもありなんというか、アレなヒロインばかりなので世間一般ではどうなのか。
どちらにせよ、原作小説を読んでいないので、この後の展開がさっぱり読めず、楽しみな作品の一つです。

2018年5月11日 (金)

天気が悪いと色々問題が起こる

今週は自分の体調不良もあったけど。それ以上に色々あった。
何しろ、温かい日と寒い日の寒暖差がひどく、雨も降って湿度も上がったり下がったり。こういうときは昔から体調を崩しやすいけど、それは他の人も同じだったようで、結構休んだりした人もいたりして。
そして、今週は若いのが労災起こして入院したり。救急車は来るわ、警察は来るわで、バタバタした。あとで気がついたのだが、ケガをした人がその前にやっていた仕事で、かたづけがやたらと雑になっていたのを見つけて。こりゃあ、精神的にもかなり参っていたのではないかということも(彼は鬱で長期欠席の経験有り)。季節の変わり目のこういったときには鬱が悪化したり、ぶり返したりする、というのは「うつぬけ」の田中圭一氏の経験談ですが。実際、そういう色々なことが重なって「事故の起こりやすい場」が形成されていたのではないかとすると、もう少し何とかならなかったのか、という気がしますが。よその部の人間の仕事内容までは良くわからないので、実際の所は分かりません。
ただ、天候によって、そういった諸々の問題が起こっているとしたら。とりあえず、ここ数日の思考・感覚がおかしいと思っても、もう少し天気が落ち着けば良くなるのかもしれません。
しかし、健康な人はなかなかそういった「問題の兆候」に気がつかなかったりするので、上手くいかないのですわなぁ。

2018年5月 9日 (水)

目が回る

体調不良は薬の副作用かと思っていたけど。風邪ひいたかなぁ。妙に寒いよ(<実際気温が低いわ)。
おとなしく風邪薬飲んで寝るのがよいか。
なんか、体弱くなったような気がするけど、よくよく考えると昔からそうだった気がする(笑)。いや、昔の方が酷かったの間違いか。

2018年5月 6日 (日)

パズルを解く

もう、連休終わりですねー。読んでない小説と鎌田あるので、あと1週間くらい休みたいのですが。っていうか、会社行きたくねーけど、御飯食べないといけないし。

20180506_lts

ということで、連休最終日は安く仕入れてきたパズルを解いてました(<本読めよ)。やはり、キャラクターものの300ピースは数時間で何とかなるモノですな。昔は500ピース辺りで何日もかかった記憶があるのですが、連休のおかげで頭は冴えているようです。
あと、自然もの(海とか竹藪とか)は300ピースでも1週間くらい掛かります(笑)。

ネタはサンリオですが、サンリオ男子を名乗るには「イケメンに限る」と思われるので、サンリオオヤジとかサンリオジジイとかいうカテゴリも作ったら良いかと思います(笑)。

2018年5月 5日 (土)

「島田フミカネ The World Witches 2018(島田フミカネ/KADOKAWA)」を読む

セーラーの蒼墨を買ってきたので何か書こうかと思いましたが、自分の字の汚さにがっくりきてやめました。インク自体は顔料なのに濃淡がはっきり出る渋い藍色(書いたばかりは薄いかと思いましたが、乾くとちょうど良くなります)で、昔ながらの万年筆インクというイメージです。パッケージの色がかなり実物に近いです。

20180505_ww

ということで「島田フミカネ The World Witches 2018(島田フミカネ/KADOKAWA)」を読む。発売から結構立ちましたがなかなか読めなかったのですよ。
内容は世界各国でネウロイと戦うウィッチたちのイラストと解説です。イラスト集に近いですが、情報量も多いのでストライクウィッチーズ等の作品を知らない人でも戦記物のムックのような感じで楽しめるかと思います。
前回の出版時より倍近い厚さになっていますが。基本的に新作はイラスト1ページ、解説1ページ。旧作はイラストと解説で1ページという構成になっています。ですから、旧版を持っている人は当然買いですし。2018年版のみの人も、1/4になってしまったイラストを大きく見たいのなら前作を買うしかないという、悪魔のような構成になっています(笑)。
ちなみに、一部、というのは前回ほとんど収録されていなかった506については、今回フルメンバーであることや、小説化されたことも考慮されてか、前回分もそのまま掲載されています。対して、アニメ化された502については2週目なので、前回分は小さいのです。
ここまでで、かなりの部分が埋まってきましたが。アフリカ戦線とかまだまだ紹介すべきウィッチが多いというか、今後は陸戦ウィッチもやって欲しいのですが……メディアの展開次第かなぁ(アフリカは同人誌で色々やっている人たちがいることもあるんでしょうが)。

それより、「島田フミカネ ART WORK」のカバーのコーティングが甘くて、カビに喰われかけていた。他のムックは大丈夫なのに、よりにもよって大事なものが……。

«万年筆用の収納箱(ペントレー)を作る

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31