ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

2018年4月19日 (木)

セーラーの古い万年筆に思う……というか、謎のピン

20180419_m01

さて、毎度おなじみ、何の変哲も無い古いセーラーの万年筆。キャップにガリガリと削れたあとがあって酷い状態です。ジャンク品でよく見ますが、一体どうやったらこういう傷が付くのか、結構謎です。そして、メッキの為、修復しようがないのもなんとも。せめてお手軽に、気になる段差だけでも無くす方法を考えたいところ。

20180419_m02

そして、中味は一応、14Kニブ。形状はセーラーのスタンダードなものですが、新しいものよりもしなりが大きい気がします。少し力を入れるとニブが開いて太い払いなんかを書けます。

20180419_m03

そして、カートリッジの差し込み口も露出していて、ペン芯押さえの溝もはっきり見えているので、ここに何か差し込んで回してやれば外れることが読めます。もう少し早くこれを入手していれば……。
しかし、よく画像を見た人は気がついたはず。横になんか変なピンが見えます。分解不能にするための回り止めのようです。ピン自体がリベットのようになっているので、ピン抜きで打ち出すのも無理っぽいです。おそらく分解するにはピンヘッドをさらう必要があるのではないかと。で、そうすると、新たなピンが必要になって困ると(頭をリベット加工するのも無理)。しかし、中にはペン芯が通っているので、貫通していたらインクが漏れてきそうですがそんな形跡もないし。実に謎な構造です。
ちなみに、分解しなくても2日掛けてインク掃除したら普通に使えるようになりましたが。横方向に振ると引っかかりを感じるので微妙ですな。縦方向は非常にいい感じに書けるのですが。しばらく使っていたら良くなるのかな?
それよりキャップだよなー。

2018年4月18日 (水)

価格が安いからこそプレミアが付くのか?

いろいろ写真をストックしてあったけど、いざ書こうと思うとイマイチ筆がのらない。
やはり、その時の勢いというものがあるので、ストックから起こすのはイマイチと言うことになってしまうのだろう。

ちなみに、今日、セーラー万年筆のマイファーストのデッドストックを定価でゲット。それなりに数が出ていたであろうに、なぜかプレミア価格でしか見かけないのですよね。……中味、「クリアキャンディ」に「ふでDEまんねん」のニブ付き首軸とカラーインクをセットにしたもので、ケースから出してしまうとただの地味なキャンディなのですが。
まぁ、クリアキャンディ自体がプレミアがついていますけど(定価販売の所もあるので、良心というものが見えますね)。万年筆業界、恐ろしいわ。

2018年4月17日 (火)

頭痛が酷い

頭がガンガンする。風邪だろうか。
しかし、ここんとこ花粉症薬代わりに風邪薬を飲んでいたので、効く気がしない。頭痛止めは無水カフェインだと思うが(頭の血管を縮めて頭痛を抑える)、逆に、カフェイン中毒か……いや、風邪薬のカフェイン程度でそんな症状は出ないはずだが。

体調不良は寝て治すのが一番なのに、夜更かししているのが原因かも(笑)。

2018年4月15日 (日)

「小林さんちのメイドラゴン(クール教信者/双葉社)」7巻発売中

他のみんなより精神的には楽な仕事をしているつもりですが、週末は調子が出てくるのが日曜の夜からなんですよね。遅すぎ。

20180415_maid

ということで、「小林さんちのメイドラゴン(クール教信者/双葉社)」7巻発売中です。
今巻はエルマとトールの関係に決着が付いたり。翔太君がルコアに漢を見せたり。カンナがニューヨークに現れたりとバラエティーに富んでいますが。個人的にはイルルのエピソードが良いですね。イルルかわいいよイルル。最初に出てきた時にはドラゴン属性多めで怪物キャラとしての面が半分でしたが(それはそれでかわいい)。ここにきて、相方も出来て、こっちの世界に馴染んでいるというか。カンナのエピソードでも、登場した時の脳筋とは打って変わって、いい感じの返答をしていますし。
イルルかわいいよイルル、ということでクール教信者先生には、是非イルルの薄い本を……(<さすがに、自作のパロは描かないですね)。

2018年4月12日 (木)

「YTClock(Yutaka Tsutano)」というフリーソフトを導入

色々、ネタを仕込んでいたものの、どうにも上手く噛み合いません。
只今、「あまんちゅ!」12巻のドラマCDを取り込み中。
さて。昔はWindowsの時計と言えばタスクトレイの奴で十分でしたが。最近、会社でも家出も、デスクの上にものが多くて、タスクトレイの一番スミが見にくかったりします。
ということで、昔ほどマシンパワーが必要なわけでもないし、ということで時計ソフトを色々試してみましたが。結局、ベクターで一番上にある=一番人気の「YTClock(Yutaka Tsutano)」というフリーソフトが一番良い感じです。作者様、ありがとうございます。
ということですが、何が便利かって、画面は最前面に表示されるのにマウスオーバーするとしたの画面が見えて、操作出来るということですか。前に会社で使っていたソフトは、ウィンドウを並べた時に被ってしまったり、下のアイコンにアクセスしたい時に困っていたのですが。このソフトではそういうことはありません。時計自体にアクセスしたい時はCTLキーを押しながらになるので、普段は「表示されているけど触れない」状態です。正に、こんなソフトが欲しかった。
これで、アラームもあれば完璧なのですが、それは別のソフトに任せれば良いかと。
スキンも色々変えられますので、見づらいと感じたらお気に入りの物に変えるモノ良いかと(私も、同作者様のシルバーフレームのものに変えました。……会社の壁時計みたい……)。

2018年4月10日 (火)

「Re:ゼロから始める異世界生活(長月達平/KADOKAWA)」16巻、読み終わり

最近、持っていないと思っていたモノが、念のため確認すると既に持っているという。時空のねじれに巻き込まれたかのようなことがよくあります。オークションや通販の前には確認しないと恐くて(<そして、届いたものをしまおうとして、そこに同じものが……)。

20180410_rezero

ということで、買ってからしばらくたちましたが。「Re:ゼロから始める異世界生活(長月達平/KADOKAWA)」16巻を読み終わりましたよ。ようやく第5部です。レムの登場シーンがアレなのが何ともツライですが、スバルの想いは描かれているので良しとしましょう。
そして、本編としては、かつて無いくらい穏やかな描写の続く巻。最後の数頁までは(笑)。まぁ、今巻はほとんどプロローグというか、第4部が完全にロズワール関係で閉じた話だったので、第3部からの流れの説明、と言うところだったと思います。それ故に、穏やかに読めてよろしかったのですが。
もう、内容としては、レムがいないのをいいことに、スバルが終始ベア子とイチャイチャしているというものですから。これは、将来幼女使いとして名が知れ渡るのは仕方ないかと。レムが起きたら、一体どうなってしまうのでしょう(<レミリアに遠慮しなくていいと分かって、やりたい放題か?)
というような感想ばっかりですが、この後は延々と大罪司教との戦いになりますから、楽しいのは今くらいですね。バトル関係は、なるべく間をおかずに連続刊行して欲しいところです(間が延々と悲惨だからね)。

2018年4月 9日 (月)

自作の道具と公開の謎

セーラーミニのペン芯押さえを抜く道具。見える感じからおおよその形で作って試してみましたが。やはり、無理があって……。
しかし、犠牲無くして前に進むことは無いと言うことで、どういうものを作れば良いのかはわかりました。
問題は、この簡単な道具の寸法が、これまでネット上にサラされていないことで。これは「素人に触らせるな」という警告なのか。その禁を破ると、恐ろしいことが起こったりするのだろうか?

カメラやレンズのばらし方は結構出回っているのにねぇ。

2018年4月 8日 (日)

実は切断が苦手

今日も今日とて木工で箱を作っていたのだが。いっこうに写真が上がらないのは、どうにもよろしくないから。
前回は、買ってきたSPFの集成材が思いっきり反っていて、箱組に難儀し、強引に完成させた。
リベンジとして、別の店でパインの集成材を買ってきて。今度は反っていないし、大丈夫かと思いきや。前回、下請けで親父に切断を頼んだのであるが、今回は自分でやったら精度が酷かった(笑)。親父の回転丸鋸盤の精度の問題なのだが。親父は使いこなしているので、最終的には経験による腕の差と言うことになる。まー、あっちはプロなんだが、そうも言っていられない。
機械を使うのが難しい時には経験を積め、と言いたいところであるが、元々の精度の問題と、親父による改造の問題があるので。ここは、新しく手持ちの丸鋸かジグソーを買うかなー、と思案中。ジグソーは直線出しがやっかいなので丸鋸の方が良いかと思われるが。そんなに頻繁に使わないことを考えると、ジグソーの方が汎用性がある、ということにもなる。
さて、どっちがいいのか。どっちにしろ、今は金欠なので、ボーナスシーズンを待たねばならないのだが。

本当は親父が普段は死蔵しているマイタソーを引っ張り出せば良いのだが、あれ、設置に時間が掛かるので本当に必要な時以外誰も使いたがらない……(笑)。

2018年4月 7日 (土)

万年筆をばらす道具を作る

さて。昨日、回すことが出来なくて苦戦したので、ネットでソレっぽい道具を探して、自作の写真がありましたので速攻で真似させて貰うことに。

20180407_natu1

ということで、セリアで買ってきた「カニ&ナッツクラッカー」。ネットにあったのと少し形状が変わっていて締めにくくなっていますが、ステンレス製でよさげな感じです。

20180407_natu4

そして、ホームセンターで買ってきた10mm厚のゴム板を適当に削り出します。ここを綺麗に仕上げるとカッコイイですが、「楽」「適当」をモットーに、やる気が無くならないことを最大の目的とする私としては、さっさとソレっぽい形状になればいいかと。ちなみに、外形は前に紹介したレイメイ藤井のSWINGCUTで切断し(意外とよく切れる)、ニッパーで角を落としています。
で、ギリギリ柄の中に入らないので、一番下の締めてある部分を含め、ペンチで少し起こしてやります。ここも、傷が付かないようにやれば見栄えがいいですが、実用には関係ないので(以下略)。こちらは、愛用のMERRY2050「強力ペンチ」を使いました。こいつは、普段、仕事で2mmのステンレス鋼線とかを切断していても問題が無い(さすがに仕事レベルで使うと、数年で刃が減るけど)、頼りになる奴です。

20180407_natu5

ということで、柄の中に無理矢理ゴムを突っ込んだのがこちら。起こしたところを締めてやれば止まりそうですが、一応接着剤も付けています。今回はGクリア。ベンジンを流せばすぐに溶けるので、やり直しも簡単です。
あとは、真ん中に穴を開ければ完成。果たして上手く使えるかどうかは、続報を……。

万年筆をばらす

まー、色々あったけど乗り切った。
ということで、オークションで落札した万年筆の修理実験に取りかかる。
今日分かったこと。

1.樹脂軸にインクが付いたまま放置すると、染色してしまう。

20180406_

この写真を見てもらうとわかるが、1本は黒インクによるシミがある。このため、強アルカリ水溶液に漬けてインクを溶かそうとしたり。ナイフで削ってみたりしたが。まったくとれない。つまり、この色は既に樹脂の中に染みこんでしまっていて、とれないということである。インクの種類もわからないが、内部で固まっていたインク自体は水につけたらすぐに溶け出したので普通の染料インクと思われる。かなりの量が固まっていたようで、何度掃除してもインクが溶けてきた(笑)。
ちなみに、写真の状態は両方共に1000番のペーパーをかけて傷をとった後に4000番のラッピングフィルムで磨きだし、最後は車用のウィルソンの超微粒子コンパウンドで仕上げている。樹脂自体は普通のスチロール樹脂と違って傷をとりやすい(おそらく、使用中の傷も目立たない)もののようである。だから、磨きは思ったよりも簡単であった。

2.ジョイントが接着されている。

20180406__5

首軸に付いた真鍮製のジョイントがどうやっても外れない。他の固体で緑青を吹いていたものは簡単に外れたし、ネットで先人の分解写真を見てもネジであることは確かなのだが。IPSのソフトタッチでは滑ってしまうし。カメラレンズの分解用にゴム器具は大量に持っているのだが、細すぎて使えない。仕方が無いので、ゴム板をウォーターポンププライヤーではさんで無理矢理回したところ。掴みシロの少ないネジ側が力負けして折れた(笑)。というのが上の写真である。その後、頑張ったら外れたのだが。どうも接着されていたようで、ネジに接着剤の跡があった。確かに、逆ネジにもなっていない為、インク交換の時にジョイントの反対側が外れてこないようにとの気遣いだろうけど。
酷い傷であるが、こちら側は尻軸がハマルだけなので実用上は全く問題ない。ニコイチの状態の悪い側のパーツなので気にしない。

20180406__4

キャップから、その下の飾りリングまで酷い傷が入っていたのでどうしても外したかったのよ。しかし、カメラで良く使われるゴム系の接着剤ではなく、セメダインのようなセルロース系の接着剤に見える(固まり方から)。これは樹脂を侵さないので修理には問題ないけど、どうやって溶かすのか。シンナーが簡単だけれど軸が溶けそうだし。ベンジンは樹脂によっては一発で割れる。プラモデル用の薄め液が無難?あとは、熱で緩むようですが、ゴム系と違って軸側が膨張してとれる?まだまだ、分からないことが多いです。
そして、キャップの傷にしても、アルマイトにレリーフ有りでまともに直せる自信は無いですし、さてどうしますか。使用に問題が無いレベルに削って整えますか。

あとは、ペン芯の抜き方ですが、セーラーミニはインク側にねじ切りしているようで。ここを掴む道具を考えないといけないようです(筒に溝切りすれば良いのですが、その前に実物がないと作れません)。大変だなぁ。

«明日の仕事

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30