ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「朝霧の巫女(宇河弘樹/少年画報社)」8巻 | トップページ | 「ジャイアントロボ バベルの篭城(戸田泰成/秋田書店)」2巻 »

2012年5月21日 (月)

「シャーマンキング 0(武井宏之/集英社)」1巻

「シャーマンキング 0(武井宏之/集英社)」1巻を読む。
シャーマンキングといえば、アニメ化までされたにもかかわらず、後半、段々ページが白くなっていき……というか、内容が死んで生き返るの繰り返しになっていき、まー、武井先生の作品感には合っているんですが、やっぱり変な感じになって衝撃の打ち切りラストとなりました。
ということで、結果として、本編は「完全版」で完結しました。
個人的には、置く場所がないので文庫版が出たら買おうかと思っていたのですが、まだ出ませんねぇ(笑)。リミックスはなぜか中古が完全版より高かったりするし(笑)。新書サイズで完結編が出てくれると一番良いのですが。
閑話休題。
で、この「0」は本編の前の話になります。本編中にも「回想」は結構あるのですが、それらの「本編に直接つながるネタ」的な短編ではなく、どちらかというと、本編のキャラクターイメージを強化する意味があるような作品でした。
ちなみに、今回掲載されているキャラは5人ということで主要チームメンバーというわけでもなく、「葉」「蓮」「ホロホロ」「リゼルグ」…………「ビッグガイ・ビル」という構成になっています(笑)。でも、前半4人は、本編の流れから外れた話ではないので、ある意味意表を突かれた最後の「ビッグガイ・ビル」が一番面白かったです。ハオ一派の好きな人にはお勧めなのかも。

« 「朝霧の巫女(宇河弘樹/少年画報社)」8巻 | トップページ | 「ジャイアントロボ バベルの篭城(戸田泰成/秋田書店)」2巻 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/54769309

この記事へのトラックバック一覧です: 「シャーマンキング 0(武井宏之/集英社)」1巻:

« 「朝霧の巫女(宇河弘樹/少年画報社)」8巻 | トップページ | 「ジャイアントロボ バベルの篭城(戸田泰成/秋田書店)」2巻 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30