ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« ペンタックス K-30 | トップページ | タニシの産卵 »

2012年5月27日 (日)

「しかくいシカク(ざら/芳文社)」1巻

昨日は完全に寝オチしてました。いつもなら電気が点いていれば長くても2時間程度で起きるのですが、今回5時間は寝てました。よほど疲れていたんだな。

「しかくいシカク(ざら/芳文社)」1巻発売です。
カメラものの漫画も増えてきましたが、やはり、愛があるほど面白いものです。
そういう意味では、キャラが立っていることとカメラに対する描写がよろしいということで、この作品は実に面白いです。
まー、4コマ漫画なのでストーリーは難しくないですが。カメラ好きな女の子を中心に写真部が結成されて、色々、という感じです。わかりやすい。
主役・渡来十子は美少女だけど中味はオヤジ。まー、ある意味「写真」ネタで重要なポジションですな。髪飾りに花形フードを付けているのが特徴。カメラは*Est-D。もちろん、元ネタはペンタックス初のレンズ交換型デジタル一眼レフカメラ *ist-D です。今でも通用するスペックにペンタックス最強のハイパーマニュアルを備え、扱いやすさは抜群。作中でも最大の特徴である「レリーズ音の良さ」に触れられている辺りがマニアック。
その親友の内富良茜は金髪でちっちゃい帰国子女。カメラとして携帯910SQを選ぶのは「えー」と思ったけど、元ネタのSoftbank 910SH は光学ズーム+メカシャッターという当時のコンデジ並の機能を持っている特殊機種なので問題ないかと。というか、それでも速写が出来る今風のコンデジの方が有利な気がするけど、携帯しか持たない読者に親しみを持たせるという点では良いかも。最も、画素数以外では最新の携帯でもこいつに勝てるのは一部の機種だけだがな(メカシャッターという時点でほとんどの機種が脱落。5群6枚のレンズと光学ズームもね)。
そして、変なバレッタの天然娘・新阪魚はMQ。なんとライカM9です。これを買ってしまうキャラも凄いですが。何より、これを漫画で描写しようということ自体が凄いです。私なんてフィルム機の中古ですら買えないですよ(M39レンズはキヤノンで使用)。
そして、途中参加の先輩・久田桃枝は2機種買って、そのうちの一眼レフは機種名が明記されていないものの、モデルはEOS X5。バリアングル液晶の便利なカメラ。最新かつ一般向けの機種を入れ込んでくるあたりもバッチリである。
ちなみに、顧問の先生の「倉」にはフィルムライカがあるそうな。
そんなわけで、ストーリーは学園もので普通に面白く、キャラクターはかわいく(茜ちゃんがよろしいです)、カメラもツボを押さえていて、実によい本です。ホント。

瞳のフォトグラフで不満だった「カメラの片寄り(特に売れ線への集中)」がないため、読んでいてストレスが貯まることもないですしね(主役がペンタックス機を使っているというだけでイチオシですが(笑))。

« ペンタックス K-30 | トップページ | タニシの産卵 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/54807128

この記事へのトラックバック一覧です: 「しかくいシカク(ざら/芳文社)」1巻:

« ペンタックス K-30 | トップページ | タニシの産卵 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30