ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「アバンチュリエ(森田崇/講談社)」3巻 | トップページ | イモリ脱走 »

2012年5月 2日 (水)

大きいイモリと小さいイモリ

雨です。今日は水槽の水替えをしようとしていたので、腹が立つワー。今日から休みなのですが、休みになると雨が降るというのはあまりにもですな。
おまけに、雨で川が増水しているから、山の方の川を見に行こうと思っていたのに、支障だらけだよな。

さて。イモリが10匹いますが、そのうちの一番大きいものと一番小さい物が、あまりにも違いすぎて別の生物のよう(笑)。雄は年をとると顎が張ってくるというのはわかりますが。あまりにも太りすぎ。一方、小さい奴はともかく臆病で、餌を食べているところがほとんど確認出来ない。生き餌は食べる時もあるのだが、それすら確実ではない。イモリは小食(というより、消化がダメなのであまり沢山食べさせてはいけない)というけれど、乾燥系の餌を食べるようになってくれないと心配である。。
あと、腹側の模様はともかく、体表も違いすぎる。これも、雄と雌とで違うらしいが、どっちかというとザラザラした感じとツルツルした感じらしいのであって、色は変異的なものらしい。……多頭飼いの面白いところと言えようか。

20120502


ちなみに、70cmクラスの洋服ケースで10匹であるが、今日立ち寄ったホームセンターのペット売り場(チェーン店系、かなり大きい)では30cmほどのプラケースで20匹ぐらいを飼っていた。ほぼ、団子状態。金魚や犬猫はともかく、イモリとカメに関しては明らかにテキトーすぎる飼育で、私が見た事ある中でも断トツでダメなような……。

« 「アバンチュリエ(森田崇/講談社)」3巻 | トップページ | イモリ脱走 »

イモリ・カメ・水辺の生き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/54616522

この記事へのトラックバック一覧です: 大きいイモリと小さいイモリ:

« 「アバンチュリエ(森田崇/講談社)」3巻 | トップページ | イモリ脱走 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30