ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 合衆国スッポン | トップページ | 合衆国スッポン2 »

2012年5月 8日 (火)

「ドラゴンステーキ(中村哲也)」9巻

さて、連休も終わって薄い本をいろいろ読んでますが。今年はコミティア100回記念ということで、オリジナル作品がいろいろと。

「ドラゴンステーキ(中村哲也)」9巻完結です。
この作品の元ネタは「勇者110番」という遊演体のプレイ・バイ・メイルの作品内設定で、ドラゴンの肉を出すという評判のファミレスチェーンでした。まー、この世界では牛肉なのですが、異世界に飛ばされたために食材を狩ったり、魔王が攻めてきたりと色々あったのですが。
その後、ライアーソフトの「行殺!新選組」のエンディングにちらっと出てきたりとかしていましたが。

今回のシリーズは、本格的に異世界のレストランということで設定的にはまったく別物、持ってきたのは制服デザインだけということになっています。もっとも、6本指の天狗とか、キャラ自体は「腐り姫」のファンクラ通販のおまけに……などと色々ありますが(笑)。あと、店長のけーこちゃんもライアーソフトのネタキャラですね。

ということで、ダンジョンに潜って食料を調達したり、幽霊船に乗り込んだり、魔道士と戦ったり色々ありましたが。バーサーカーの主人公・チェスター(料理人兼食料調達時の戦闘要員)とリプトン(食料調達時には回復要員)とのラブコメとしてシリアスモードに突入(コメディは?)。雑誌の読み切りから同人誌に移って展開してきたこの作品も8巻でほぼストーリーは終了。9巻はエピローグのようになっています。
ということで、9巻は甘いです。甘アマです。もう、リア充爆発しろとか思うくらいに甘いので、覚悟が必要です。
ちなみに、このシリーズはマメに再販されていて、同人誌としては比較的入手しやすいので安心してお勧め出来るのです。

« 合衆国スッポン | トップページ | 合衆国スッポン2 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/54659639

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドラゴンステーキ(中村哲也)」9巻:

« 合衆国スッポン | トップページ | 合衆国スッポン2 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31