ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「乙嫁語り(森薫/エンターブレイン)」4巻 | トップページ | 「朝霧の巫女(宇河弘樹/少年画報社)」8巻 »

2012年5月20日 (日)

「地底都市<新宿>(菊池秀行/朝日新聞出版)」

最近、よく死んでますね。睡魔に勝てずに仮眠をすると寝過ぎて起きられません(笑)。

「地底都市<新宿>(菊池秀行/朝日新聞出版)」を読む。
「魔界都市<新宿>」の新刊ですが1年も前の作品です。……新刊の時に買い損ねたら、買う機会がなくてズルズルきましたが、このシリーズ自体は好きなのでちゃんと読みますです。
内容は。魔震によって日本から断絶し、魔界都市となった<新宿>。という基本設定は1作目を読んでもらうとして。<新宿>の地底に見つかった空洞に送られた調査団は第一次、二次共に音信不通になったが。その第二次調査団に参加した少年が当時の外見のまま発見された。というところから始まり、地底に住む奴らとの戦いが描かれますが。

正直、主人公の十六夜京也がなかなか<新宿>に行きたがらないので、なかなか話が進展しないような(笑)。あとがきにもありますが、「魔界都市ブルース」から始まるマンサーチャーシリーズ他の新宿のシリーズ(世界感がより現代に近づいている)では主役は「ほぼ」新宿に住んでいますが。なぜか十六夜京也は近寄りたがらないんですよね。そのためか、よく言われる「魔界都市ブルース」版の十六夜京也の登場編である「魔界都市ハンター」では彼もヒロインであるさやかも新宿に最初から住んでいる設定になっているのですよね。
京也は菊池ヒーローの中でも最もヒーローらしいヒーローですが、それでも<新宿>には特に行きたがらないのですよね。まー、正義感が強すぎるために、色々と巻き込まれすぎるというのもありますが。学校卒業したら、さっさとさやかちゃんと結婚して区内に住めよ、という気もしますが(笑)。

ともあれ、ここに来て「魔宮バビロン」や「牙一族」の設定も拾っていたりして、シリーズらしくなってきました。ノベルズになったおかげか、菊池先生の執筆サイクルの中に組み込まれて、新刊もコンスタントに出るようになりましたし。このあたりで、さわやかな、元祖<新宿>に挑むのも良いかと。

« 「乙嫁語り(森薫/エンターブレイン)」4巻 | トップページ | 「朝霧の巫女(宇河弘樹/少年画報社)」8巻 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/54751364

この記事へのトラックバック一覧です: 「地底都市<新宿>(菊池秀行/朝日新聞出版)」:

« 「乙嫁語り(森薫/エンターブレイン)」4巻 | トップページ | 「朝霧の巫女(宇河弘樹/少年画報社)」8巻 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31