ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 曇りの日のカメ | トップページ | 「47都道府犬((株)08)」 »

2012年6月11日 (月)

「ヘヴィーオブジェクト 第三世代への道(鎌池和馬/アスキー・メディアワークス)」

ようやく「Omegaの視界(閂夜明/ねこバナナ)」の続編、「或るファの音眼(おとめ)」の情報が追加されて俺歓喜。

ということで、本日は朝からドブ川を駆け回って虫刺されで死にそうになりながら集めた情報を……と思いましたが。「ヘヴィーオブジェクト 第三世代への道(鎌池和馬/アスキー・メディアワークス)」が面白かったのでそちらの話を。
というわけで、最新刊ですが、前巻がまるまる番外編でいつものメンバーが誰も登場しなかったので。今回は久々の本編ということに。完全兵器オブジェクトの決戦で戦争の勝敗が決められる世界。しかし、生身で何かと活躍する我らがクウェンサー(オブジェクト設計士を目指す従軍学生。爆発物のプロ。モテフラグ男)とヘイヴィア(貴族の息子。婚約者とロミジュリ状態)もとうとう左遷。常夏の天国から極寒の冬山、陰謀渦巻くジャングルと飛ばされまくります。
いつものように、独立した3章が1つの流れになるもので。少しずつ陰謀が明らかになっていくかというと、最後の最後まで全く全体像が掴めず、読者も何が起こっているのかわからないままに各地を転戦させられる雰囲気が味わえます。
そして、表紙は正統王国の王女様。明らかにこれまでとは違った感じの美少女ですが、彼女の物語はこの話の流れ全体に関わると共に、主役二人を完全に狂言回しに落とし込みます。いや、カメラはほとんど主役二人にくっついているし、彼らの活躍こそが描かれているはずなのですが?今までの馬鹿二人の軽妙な活躍とクウェンサーのフラグ立てとかではなく、全体を流れる熱い物語に感涙するはずです。でなければ、今日は亀の話になったはずです(笑)。
あと、王女様のお付きのメイドさんが出てくるのですが、彼女の文章イメージとイラストイメージのギャップが凄まじいので、後半の挿絵を先に見てしまわないように念を押しておきます。もったいないので。
他にも、新キャラの女性が色々出てきますが、絵になっていない重要なのか分からない人物もいますから、その辺のフォローがこの後あるかどうか気になります。
パワードスーツにまつわるコメディとか、今回はいろいろ仕掛けがありますから、いつもの分厚い本も、簡単に読めてしまうかと。

« 曇りの日のカメ | トップページ | 「47都道府犬((株)08)」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/54931379

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヘヴィーオブジェクト 第三世代への道(鎌池和馬/アスキー・メディアワークス)」:

« 曇りの日のカメ | トップページ | 「47都道府犬((株)08)」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31