ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「TYPE-MOON 10th Anniversary Phantasm(角川書店)」 | トップページ | 「はなたん 華咲探偵事務所(渡辺航/新潮社)」2巻 »

2012年8月14日 (火)

「パラダイスバード(佐藤明機/新潮社)」

ネットで見るアキバの風景が懐かしい。仕事は相棒とけんかして(大問題になったわ)外してもらったので、当分アキバに行く用事はないのだ。

3日間ゴロゴロしていたら、イモリの水替えをしている時に腰をやってしまった。自宅警備員の人たちはどうやって体を維持しているのだろうか?

祝「パラダイスバード(佐藤明機/新潮社)」発刊おめでとう。
個人的に佐藤氏の絵柄が好きで、「家出王国」のあと、漫画連載を見かけなくなったことよりも、当時のWebサイトが閉鎖されたことの方が悲しかったあの頃。
ポプラ社→新潮社と渡り歩いたパラダイスバードが単行本化されました。家出王国も併録されてバンバンザイ。しかし、B6の書籍で900円越えはパネェなぁ。
というわけで、15年ぶりの佐藤明機(あきときで変換出来なくなってしまった。昔は単語登録無しで行けたのにナァ)氏の単行本だそうな。その間、リニューアル版があったので、まるまる15年というわけではないと思うが。
作品は未来の日本?月の出商店街に残された祖父の遺産の古本屋に主人公・美野がやってくるところから。下町バラック風の建物に囲まれた店の中は迷路の如く。区会長の篁ミッシェルやお隣の境さん、カタツムリ型の神様の中味である百合科などを交えて、街を探検したり、変な日常を送ったりという……実に、佐藤明機スタンダードな作品です。
キャラクターの髪型が結構変わるので、見分けるのがめんどくさいのが玉に瑕ですが。佐藤氏のかわいいキャラクターとゴチャゴチャした町並みが見られるだけで幸せです。みっちゃん、かわいーよね。
ちなみに、もうひとつの特徴である「もののけ」は、まー、いーや(笑)。
最後のオチがまた凶悪ですが。
まー、この単行本が売れれば、新潮社が、また、連載をけしかけるかなーと期待しております。だから、売れに売れまくるとイーよなー。

« 「TYPE-MOON 10th Anniversary Phantasm(角川書店)」 | トップページ | 「はなたん 華咲探偵事務所(渡辺航/新潮社)」2巻 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/55418170

この記事へのトラックバック一覧です: 「パラダイスバード(佐藤明機/新潮社)」:

« 「TYPE-MOON 10th Anniversary Phantasm(角川書店)」 | トップページ | 「はなたん 華咲探偵事務所(渡辺航/新潮社)」2巻 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31