ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 溶けてる | トップページ | その後の金魚 »

2012年8月 7日 (火)

金魚は苦しい生活を強いられているのか

昨日書いた金魚すくいの金魚ですが。出目金2匹と和金2匹の4匹を瓶の中に入れて、マツモとタニシを入れておいたのですが。
本日、猛暑のためにお亡くなりになりました。出目金だけ。

夜店の金魚は長生きしないと言いますが。実際、前に姪が獲ってきた金魚も数日でお亡くなりになりましたわ。やはり、過酷な環境での生活を強いられていると、そうなるのでしょうなぁ。大体、仕入れ値から考えて、フナの親戚のような和金なら\100でも十分に利益が出ますが、出目金ではねぇ。そういえば、少し前によく行くホームセンターで金魚の安売りをしていましたが。派手な尾の金魚や出目金もいましたが、既に水槽の中でお亡くなりになっている奴がいたりして、やはり厳しい生活を強いられていたのかもしれません。ちなみに、次に行った時には、その水槽は「調整中」になってましたわ。クレームでも来たか?
別のホームセンターでタライの中にいた和金の群れの方が安売り品としてはOKのような(集客力はイマイチだけど)。

私も金魚には詳しくないですが、昔色々飼っていた両親によると、やはり「らんちゅう」のような人の手が入っているものほど、ちょっとした環境変化で死んでしまうとか。そこへいくと、フナが赤くなったような和金は強い。原種に近いからか、長生きするし、価格も安い(笑)。正直、餌金という言葉があるくらい、コストパフォーマンスがよいが、うちのイモリやカメにはちと大きい(<というか、奴らはメダカすら速すぎて食べられない……)。

それはともかく、生き残った2匹のうちの1匹は本当にフナのような黒っぽい色(黒ではない)をしているんですが、奴は本当に金魚なのか?(笑)。

« 溶けてる | トップページ | その後の金魚 »

イモリ・カメ・水辺の生き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/55368217

この記事へのトラックバック一覧です: 金魚は苦しい生活を強いられているのか:

« 溶けてる | トップページ | その後の金魚 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30