ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「ハヤテのごとく!(畑健二郎/小学館)」33巻 | トップページ | 「伊弉諾物質~ Neo-traditionalism of Japan(ZUN/上海アリス雑伎団)」 »

2012年9月27日 (木)

カメ、餌食いが落ちる

大分寒くなってきましたが、皆様如何お過ごしでしょうか。

うちのカメは餌食いが落ちてきたどころじゃなくなってきて「少し早くないか?」と心配していましたが。外飼いでは、そんなものらしいので、あわてずに。餌の量を減らすわけですが、正直、良くわかりません(笑)。
とりあえず、直接あげてもほとんど食べませんので。陸場にえさ入れを置いて、その中に少量の水と配合飼料を入れて放っておきます。で、1日経って食べていれば追加。食べていなかったら廃棄して量を減らす。といった感じですか。
幸い、イシガメは陸上でも平気で餌を食べますから、水中で餌が腐って水が大変なことに…ということにはなりませんので。多めにあげても問題ないようです。まー、気温が落ちてきたので、多少水が汚れても腐ったりはしないようですが。

それよりも、いつまで日当たりの良い場所に置いておくかですね。冬眠の時期には、温度変化の少ない日陰に持っていった方が良いらしいですが、現在は必至に日向ぼっこしている感じなので、まだ早い。とりあえず、餌をまったく食べなくなるまでは今の状態を保つとすると、10月中くらいはそのままでいいのかなぁ。

ちなみに、予定としては家の北側の日の当たらない場所に移そうと思っているけど、適度な寒さというのがどんなものか良くわからないからナァ。ただ、うちの地方はほとんど雪が降らないから、風よけをしっかりしていれば、そんなに厳しい環境ではないと思うのだけれど……。おそらく、より寒さに弱いスッポンが川にウジャウジャ居るわけだから、致命的な問題は起きにくいと予想しているが。さて。
最近写真を撮っていないから、冬眠前に現在の環境と記録を取っておくかなぁ(<超ズボラ)。

« 「ハヤテのごとく!(畑健二郎/小学館)」33巻 | トップページ | 「伊弉諾物質~ Neo-traditionalism of Japan(ZUN/上海アリス雑伎団)」 »

イモリ・カメ・水辺の生き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/55754206

この記事へのトラックバック一覧です: カメ、餌食いが落ちる:

« 「ハヤテのごとく!(畑健二郎/小学館)」33巻 | トップページ | 「伊弉諾物質~ Neo-traditionalism of Japan(ZUN/上海アリス雑伎団)」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30