ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「這い寄れ!ニャル子さん(逢空万太/ソフトバンククリエイティブ)」10巻 | トップページ | 「巫女と科学の嘘八百万(颯田直斗/フレックスコミックス)」3巻 »

2012年10月14日 (日)

「ファイブスター物語 トレーサー Ex.1(永野護/角川書店)」

寝ぼけて川の中でひっくり返ってずぶ濡れになった(近くの一級河川)。教訓。寝ぼけて川に行かない。

「ファイブスター物語 トレーサー Ex.1(永野護/角川書店)」を読む。
星団史上初のファンブックということですが、要するに「他人の語る永野護とF.S.S.」という本です。角川書店のF.S.S.関連については、今までも様々なムックが発売されて、続刊放置になっていますが(笑)。今回もEX.1なんて番号が打たれていますが、どうなることやら。というか、そもそも本編の単行本が今後、どんな感じでリリースされるかも怪しいですし。
というわけで、内容的にF.S.S.ファンが注目する新設定に関しては、最初のカラーページでチョコチョコと出てきます。魔導大戦関係がメインで、まー、大きくビックリするようなことはありませんが。永野護インタビューは「昔に比べて凄い方の肩が抜けているなー」というまが印象深い。昔は「何か尖ったこと言わないと死ぬ」って感じが強くて、良くも悪くも喧嘩売っているような感じだったけど。そういった「気負い」みたいなものが抜けて、丸くなったなぁと。イデオンが終わったあとの富野監督みたい(笑)。
あとは、各業界のクリエイターによるイラストやインタビュー記事ですが。自分が年寄りなせいか、若いクリエイターの「当時は理解出来ませんでした」的なネタは読んでいても身にならないというか、みんな同じに見えてしまって(今注目されているクリエイターということで括っているのか、なぜか同じくらいの年代の人が多い)。オタク業界寄り程若い人が多く選ばれているせいで、同じような褒め殺し記事ばかりになっていてつまらないような。逆に、別業界の人たちは違った側面から切り込んできて、内容的にも面白かったような。
トレーサー=追従者?
もっと大御所の話とか、永野氏と同年代のクリエイターとか、逆に昔の永野氏みたいな尖った若者とか、バラエティに富んだ内容なら良かったと思うけど。良くも悪くも、編集さんの関係者でまとめた「ゴティックメード」の便乗本といった軽さを払拭出来ない気もする。いや、文章量と密度的にはしっかりした本ですし、本の体裁と値段からすればコストパフォーマンスは良好だと思いますから、参加作家にピンとくれば買いだとは思いますが。

« 「這い寄れ!ニャル子さん(逢空万太/ソフトバンククリエイティブ)」10巻 | トップページ | 「巫女と科学の嘘八百万(颯田直斗/フレックスコミックス)」3巻 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/55891633

この記事へのトラックバック一覧です: 「ファイブスター物語 トレーサー Ex.1(永野護/角川書店)」:

« 「這い寄れ!ニャル子さん(逢空万太/ソフトバンククリエイティブ)」10巻 | トップページ | 「巫女と科学の嘘八百万(颯田直斗/フレックスコミックス)」3巻 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31