ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「サイボーグ009 conclusion GOD'S WAR(早瀬マサト/小学館)」1巻 | トップページ | 「爬虫・両生類ビジュアルガイド(山崎利貞/誠文堂新光社)」 »

2012年10月22日 (月)

「猫神やおよろず(FLIPFLOPs/秋田書店)」6巻

収支のバランスが取れない。あと1本レンズが売れる予定だったのだが(笑)。

サイボーグ009の「天使編」「神々の闘い編」を読み直してみたけど、やはり、同じものを描きながらそれぞれが違う切り口になっているのが面白い。ともかく敵となる「神」の定義をどう見せるのか、というのに苦心していたようだ。

「猫神やおよろず(FLIP FLOPs/秋田書店)」6巻完結です。
現代を舞台に、ゲームをしながらのらりくらりと生きる猫神の繭とそれに関わる人々・神々を描いたこの作品。シリアスパートに突入後の5巻が過去編と番外編、おまけに連載は一時休載だったりして、「完結」と聞いた時に「本当にちゃんと終わったのか?」と思いましたが。杞憂でした。綺麗に終わっています。
というわけで7巻ですが、バトル編になってます。月の記憶を蓄えている蔵を舞台に地上と月とで結構大変なバトルになります。なんせ、相手は天津神最強と古事記にも書いてある?スサノオ様ですし。それでも、実に綺麗に終わっているから見事なものです。まー、もう少し繭様「元のまま」なエンドでも良かったのでしょうが、その辺は、なんか作者の人たちに思うところがあったのでしょうかねぇ。
個人的にはしゃも様とお鈴さん押しなのでエンディングとしてはOKなのですがね。
あと、お鈴さんはちゃんと結婚したんですかねぇ。子供、シッポ生えてますが、扱いは神様だからいいのですかねー?

« 「サイボーグ009 conclusion GOD'S WAR(早瀬マサト/小学館)」1巻 | トップページ | 「爬虫・両生類ビジュアルガイド(山崎利貞/誠文堂新光社)」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/55944220

この記事へのトラックバック一覧です: 「猫神やおよろず(FLIPFLOPs/秋田書店)」6巻:

« 「サイボーグ009 conclusion GOD'S WAR(早瀬マサト/小学館)」1巻 | トップページ | 「爬虫・両生類ビジュアルガイド(山崎利貞/誠文堂新光社)」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック