ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 試行錯誤 | トップページ | 寝る »

2012年11月 7日 (水)

別名……一種の方言?

以前、「うちの地方でゴトウムシと言えばカナブンの幼虫」「ニガヒラはタナゴのことだった」というのを書きましたが。
魚獲りに行った時に思ったのは「鮒」「鯉」「メダカ」などのメジャーな魚以外は「ニガヒラ」に「ハヤ」だったはず。……そう、現在、川で見られるメダカより大きくて群れをなして泳いでいる魚は「ハヤ」であるが……ハヤなんて魚はいないはず(笑)。
というわけで調べてみると、Wikipediaでは「コイ科淡水魚のうち、中型で細長い体型をもつものの総称」というわけで、「細長い魚はみんなハヤ」という自分の認識とピッタリ一致する(笑)。人に聞くと「ウグイではないか」と言われるけど、子供の頃に見ていた奴は大きさ的に「カワムツ」である可能性が高いと思われる。川の中にいる時には黒一色に見えるので、細かい事は解らない&本気で獲ろうとしたら三角網を使わないと無理。まー、三角網は小屋の中にあったはずだが。
他にも、鮎の捕れるような川では雑魚として「ドンコチ」が獲れる。川で捕れる魚なので「コチ」の仲間かと思ったら、調べてみると「ハゼ」の仲間のようである。おそらく「ヨシノボリ」と思われる。でも、一般の人の間で通じる呼び方は「ドンコチ」である。
あとは「雷魚」か。調べてみると、これも何種類かの総称のようであるが、うちのあたりにいるのは「カムルチー」が正式名称のようである。タイワンドジョウ科……ドジョウなのか?古代魚の一種かと思った。こいつは、生息していた調整池が埋め立てられたために、現在の生息地は不明なのだが……昔と変わらなければ、おそらく近くの農協の地下にある農業用水の集積している水路にかなりの数が居るはずである。最近は、地下探検に行く子供もいないだろうから真実は不明だが。昔、農薬の流入か何かで超大量の鯉や雷魚で用水が埋まった時はマジで気持ち悪かった。

« 試行錯誤 | トップページ | 寝る »

イモリ・カメ・水辺の生き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/56059184

この記事へのトラックバック一覧です: 別名……一種の方言?:

« 試行錯誤 | トップページ | 寝る »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック