ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「究極!!変態仮面(あんど慶周/集英社)」映画化? | トップページ | 弱り目に祟り目 »

2012年11月21日 (水)

模型の謎、謎の模型

色々あって死にそう。
あと、2時間おきくらいに密林から金払えメールが来る。払っても払っても来る。死にそう(<適当な予約の入れすぎです……それにしても変なタイミングで……)。

今井科学(のちにイマイ)といえば、古くは漫画キャラのマスコットモデルやロボダッチ、サンダーバードなど、もう少し新しいところでマクロスなどで有名「だった」模型会社です。今はありません。
ちなみに、その前にも一度倒産していて、その際に金型を買い取って模型業界に進出したのがバンダイです。まー、他の業界もそうですが、老舗よりも新しい企業の方が強くなってしまうというのはよくある事です。
それはともかく。昔のプラモデルを調べていても、キャラクターものなどの紐付き商品や、マニアがいるパチもの関係はわりとわかるのですが。完全なオリジナルとなると、ロボダッチやアトランジャーのように有名なものを除いて「調べようがない」のが実情で。気が向いた時にその手のものを扱っているサイトを回ったり、その手の書籍を読んだりしていますが、分かるものもあれば分からないものもあります。あと、勘違いしていたものとか。
例えば。
分かったものとしては、アオシマの惑星メカニロボットシリーズとか。昔買った覚えがありますが、これは「超絶プラモ道2」で採り上げられていて思い出しました。しかし、4つあるうちのどれを持っていたかは未だに思い出せない(笑)。
勘違いしていたものとしては、アオシマの赤穂浪士シリーズ。「密談」とか「敵情視察(ソバの屋台)」とか模型屋の隅に売れ残っていたのをよく見た覚えが。全体としては日本の歴史シリーズになるのだが、1/35のため、タミヤの赤穂浪士とごっちゃになってメーカーを間違えていた。しかし、アオシマのは討ち入り前の変なものばかりで、ある意味貴重な人形ではあったと思うが。
さっぱりわからないものとしては。ロボダッチが4コパックor80円売りメインだった頃、多分、同じイマイ?から1個200円で西部劇的世界観のオリジナルロボットもののキットが出ていたと思うのですよね。2つの陣営に分かれて争っているようなので、メキシカンハットを被ったようなのとか、それっぽいものが。当時流行の漫画冊子付きで。これをいくつか集めていたのですが、コレについてさっぱり情報が出て来ない。何せ、タイトルが思い出せないので、オリジナルプラモ関係やオールドプラモのところを彷徨ってみたりするのですが、まったく出くわさないんですよね。イマイじゃなかったか?と思い、手を広げてみても、もっとSF的なものとか、オリジナル怪獣なんかに比べると出てこない。当時としてもさほど高いものではないから、放出されていても珍しくないと思うんですがねぇ。

« 「究極!!変態仮面(あんど慶周/集英社)」映画化? | トップページ | 弱り目に祟り目 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/56157563

この記事へのトラックバック一覧です: 模型の謎、謎の模型:

« 「究極!!変態仮面(あんど慶周/集英社)」映画化? | トップページ | 弱り目に祟り目 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30