ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「GA 芸術科アートデザインクラス(きゆづきとさこ/芳文社)」アニメ版 | トップページ | 「コットン オリジナルサウンドトラック」が発売 »

2012年12月 4日 (火)

「ガメラ大怪獣図鑑(テレビランドワンパック29/徳間書店)」

今日の17:30頃 所長「とーの(仮)くん、明日四国まで行ってくれ」私「アィエエエエエエ」
今日の18:00頃 営業「現場の人が試験に合格するように指導してくれ」私「現場の人より上手いわけないでしょう」営業「検討し直す」
今日の19:00頃 営業「やっぱ、ナシにするわ」私「アィエエエエエエエ」
その間、研究、製造、本社、営業本部のトップがケンケンガクガク。……何をやっているのやら。

「ガメラ大怪獣図鑑(テレビランドワンパック29/徳間書店)」を30年ぶりくらいに入手した。
初版発行は1979年12月01日。まだ「宇宙怪獣ガメラ」の制作前で、ストーリー紹介やカラーグラビアだけでなく、当時のお約束である怪獣の内部図解なんかも入っています。
で、この本は「もう怪獣でもないだろう」ということで子供の頃に一度手放しているのですが。なぜ再び入手したのか。
今でこそ、大映関係の2次資料もいくつか出てきて色々当時の事が分かるようになりましたが。この本は、子供向けながら、色々と資料となる事柄が掲載されていて、その後、あやふやな話を聞く度に「資料を処分したのは誤りだった」とずっと心に引っかかっていたのでした。
例えば「大群獣ネズラ」についての記述とか(ネズラのぬいぐるみの写真もあったように思っていましたがありませんでした。カバー折り返しに載っている「大怪獣ブロマイド図鑑」に掲載されていたか?)。湯浅監督の当時を振り返るインタビューでは、着ぐるみの中の人の事や造形の事、タイアップ関係の事など短いですが濃い話が載っています。
そして、巻末の「大映特撮映画大図鑑」では大魔神や妖怪百物語などの有名どころだけではなく、赤胴鈴之助や虹男、透明人間と蠅男などの大映京都制作作品、少年ケニヤや豹の目などの冒険物、日蓮と蒙古襲来、鯨神、釈迦などのスペクタルもの、少年ジェットや海底人8823などのテレビ室作品まで写真入り1~2P構成で掲載されていて。当時の資料としては珍しいものでした。
また、どうにも未確認な噂が多いマルコブカラッパのデザインもここで見たのがはじめてでした。
そんなわけで、最新の大人向けに編集された立派な資料も良いのですが。新しいものが正しいとは限らないのが2次資料であり、制作年に近い本にはそれなりの真実が含まれているはず、というスタンスでこの本を入手したわけです。
個人的に、平成ガメラよりも昭和ガメラが好きなので(そもそも亀が好き)、そういう意味でも、この本は手にとって一読の価値があると思っています。
ちなみに、平成ガメラは1作目「ギャオスが大きくなる前の超音波メスが揺らぎで描かれていたとこまで」2作目「自衛隊の人にレギオンの名前が呼ばれるところまで」3作目「冒頭新宿のシーンとラストのギャオス登場以降」は素晴らしいと思いますが、あとは前田愛さんが可愛いとか、そんなところ。手足を引っ込めてのホバリングと回転飛行は最高なんですがねぇ<監督は回転飛行がキライだったらしいけど。

« 「GA 芸術科アートデザインクラス(きゆづきとさこ/芳文社)」アニメ版 | トップページ | 「コットン オリジナルサウンドトラック」が発売 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/56247798

この記事へのトラックバック一覧です: 「ガメラ大怪獣図鑑(テレビランドワンパック29/徳間書店)」:

» ガメラ:12年12月の文献関連情報 [ガメラ医師のBlog]
 本日四本目の更新です。 一本目「 新宿ビックロのフランケンウィニー展でガメラ /12/07 」はこちら。 二本目「 ガメラ雲 12/12 」にはこちらから。 三本目「 12月前半の写真情報 」は、こちらより。 本項では、昭和(湯浅)版、平成(金子)版のガメラシリーズ12作品に関する、...... [続きを読む]

« 「GA 芸術科アートデザインクラス(きゆづきとさこ/芳文社)」アニメ版 | トップページ | 「コットン オリジナルサウンドトラック」が発売 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30