ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「超人ロック 風の抱擁(聖悠紀/少年画報社)」3巻 | トップページ | 山原氏、ライアーソフトを退社 »

2013年1月 9日 (水)

MX-1発表

寒いデスなぁ。カメラ用に仕立て直した測量用三脚が出来上がったので、車のトランクに入れようと思ったら……入らない(笑)。一般的な三脚よりも縮長が長いために、雲台付けたらトランクの長さをオーバーした。後席に乗せとこうかとも思ったけど、仕方ないので、スパイクを外して自作のゴム足に変えた。それで15cmは短くなるので、ギリギリ納まる。
しかし、スパイクがひとつ取れなかったので、蹴飛ばしたら割れてしまった。元々割れていたのを売りつけられたのか?アルミダイキャストの薄物とはいえ、スニーカーで蹴飛ばしたくらいで割れないだろ。まー、割れていても取り付けには困らないけれど、破断面の面積が小さいので、溶接するしかないカナー。アルミは難しいからやりたくないが。

しかし、ブログの検索ランキングにP2P系のワードが並ぶとか、恥ずかしくないのかね、この国の人間は。昔のパソコンソフトのように、1-2-3が20万オーバーとかいうならまだしも、子供でも買える漫画本ですよ?

今年のペンタックス・リコーはリコーのコンパクトカメラをガンガン出すとか言ってましたが。CESで発表?されたのは1/1.7型の大型センサを積み、上下カバーが真鍮製というクラシックカメラもどきの「MX-1」。
デザイン的にはペンタックスの懐古的なラインだけれど(I-10の技術ラインをよりクラシックカメラ風にした感じ。デザインはペンタ部をなくしたMXか?)。感覚的には、リコーの技術が色々と入っていそうな気がする。可動モニタとか、大型素子とか、今までのペンタックスのコンパクトカメラよりも攻めの姿勢に入っているのは非常にいいと思う。
イメージ的には、これをレンズ交換型にしてQの新型(噂の上位機種)にするのではないかと思うのだけれど、どうだろう。
ただ、既にオリンパスの「XZ-2」とスペックや鏡筒周りがそっくりということで、他社のOEM製品ではないかという声が上がっている(とすると、基本設計はオリンパスなのか、そもそもXZ-2も他社のフレーム設計なのか)。が、操作系やソフトなど、細かいところでペンタックスぽかったり、リコーっぽかったりするので、今後は色々な面で「面白いこと」になりそうな予感が……。

« 「超人ロック 風の抱擁(聖悠紀/少年画報社)」3巻 | トップページ | 山原氏、ライアーソフトを退社 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/56500616

この記事へのトラックバック一覧です: MX-1発表:

« 「超人ロック 風の抱擁(聖悠紀/少年画報社)」3巻 | トップページ | 山原氏、ライアーソフトを退社 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30