ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 終わらないゲームとか | トップページ | フォーカッシング・スクリーンに思う »

2013年2月 5日 (火)

加速するフルサイズの噂

なんか、CP+が終わって、デジカメinfoさんとことかで、ペンタックスのフルサイズの話が加速しているとの噂が。
この分なら、今年の秋あたりには具体的な形が見えてこないかと期待。
なにかと「フルサイズはいらない」と言う人がいるが、やはり、「これまでペンタックスで発売された35mmライカ判以上のすべてのレンズを付けることができる」Kマウントならではの使い道があると思う。それこそ、オールドペンタックスファンにしか相手にされないかもしれないが、最上級機は孤高の存在でもいいと思う。ニコンはオールドレンズをつけても上級機種以外測光すら出来ないし、それ以前に互換性を謳っていたのはミノルタというあたりからして(とはいえ、SRマウントに比べるとMDマウントの機械制御の複雑さはハンパなかった)、それ自体が楽しめる要素だと思うのだが。
フィルム時代のレンズでは解像度が足りない?じゃあ、その「レンズの限界の性能」とやらが確認出来るボディを見せてくれよ(笑)。
645Dのミラーレスを出して、35のクラップモードを付けてくれるのなら少しは考えるが、アレは35mm用のレンズが付かない段階で「素晴らしいカメラ」ではあるが、「趣味の遊べるカメラ」ではないのだよ。……孤高で良かったのでは?いや、孤高すぎる。
結局、雑誌に載っている平面チャート撮影の結果(レンズ白書の都市伝説)やMTF曲線に踊らされるのではなく、ファインダーで見て、実際に記録された画を見て、使えるレンズと使えないレンズ、味のあるレンズと単にダメなレンズとかを選別することができる高性能なボディがあれば、それこそ、楽しめる機種になると思う。
ちなみに、レンズが追いつかないなら、600万画素のフルサイズなんてどうだろうか。画素ピッチが大きくて、解像感こそ現在のデジカメに負けても、それはそれで見られる画を出してくれると思うのだが……今更そんな素子を作るところもないか(笑)。

« 終わらないゲームとか | トップページ | フォーカッシング・スクリーンに思う »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/56699915

この記事へのトラックバック一覧です: 加速するフルサイズの噂:

« 終わらないゲームとか | トップページ | フォーカッシング・スクリーンに思う »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31