ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「かくげいぶ!(IKa/エンターブレイン)」1巻 | トップページ | タイムアップ »

2013年3月18日 (月)

「ハヤテのごとく!(畑健二郎/小学館)」36巻

薬飲んで寝てた。かなり回復したが、仕事に行くと削り取られるように体力が落ちていく(笑)。
少し、仕事にゆとりが欲しい。

活字を読むスピードが遅すぎて、漫画誌か書けねぇ(笑)。

「ハヤテのごとく!(畑健二郎/小学館)」36巻が発売です。
CD付きの限定版は書籍扱いなので、コミックスの発売日規定が適用されず、早売りしてました。ということで36巻なのですが。王玉とか物語の根幹に関わる話が出てきているにもかかわらず、相変わらずのひどい展開です(笑)。基本的に、ラブコメに終始している点は展開としてぶれていないという意味では立派なのですが。なんか、最近はヒロインを順番に回しているだけのような感じになってきているような……というのも、具体的に言うと話にメインとして関わってきていないヒナギクと泉に定期的にヒロイン回が廻ってくるあたりが。ルカとナギの対決に関しては語られているものの、今巻の内容の中では逆に薄くなってしまっているし。
あと、ハヤテはルカとなんとかいう以前に、アーたんとの仲が終わっていないという事に気がつくべきだと思います。これ、ハヤテの話としては最重要部だと思うんだけどなぁ。執事としてのナギか、恋人としてのアテナかという。そういう意味では、西沢さんは終わっている……というのが今巻では良くわかるというか。アテナが過去を封じられている今がルカにとっては最後のチャンスという感じが欲しいのだけれど、ハヤテがアテナをあんまり意識していないのがなぁ。もっとドキドキしようよ。
それはともかく、今回一番笑えたのは、表紙の中の人ネタです。先輩も普通に結婚出来るポテンシャルはあると思うんだけれど、なんでこうなったんだろう。私は猫より犬派なので、何とも言えませんが(近所の猫が遊びに来ると、なで回していますが)。

« 「かくげいぶ!(IKa/エンターブレイン)」1巻 | トップページ | タイムアップ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/56978658

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハヤテのごとく!(畑健二郎/小学館)」36巻:

« 「かくげいぶ!(IKa/エンターブレイン)」1巻 | トップページ | タイムアップ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30