ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「クォ・ヴァディス(佐伯かよの/幻冬舎)」12巻 | トップページ | 「ガールズ&パンツァー リトルアーミー(槌居/メディアファクトリー)」全2巻 »

2013年3月 3日 (日)

「ニンジャスレイヤー(ブラッドレー+フィリップ/エンターブレイン)」3巻

阿澄佳奈さん、声優アワード・主演女優賞&歌唱賞受賞おめでとうございます!。
出演数もすごいことになっていますが。体をこわさない程度に頑張って頂きたいところです。

「ニンジャスレイヤー(ブラッドレー+フィリップ/エンターブレイン)」3巻、ようやく読了。
古代日本で暗躍したニンジャたちがキンカクテンプルで謎の切腹を遂げて幾星霜。サイバーシティ・ネオサイタマで人々に憑依したニンジャソウルは暗黒メガコーポと結託したソウカイヤというニンジャ集団を作っていた。
其の抗争により妻と子を失ったサラリマン・フジキドは自らもニンジャソウルに憑依され、ニンジャを狩る者=ニンジャスレイヤーとして蘇った。
ということで、3巻ですが。時系列が入り組んでいるので、ドラゴンドージョー健在の頃の話もあれば、イッキ・ウチコワシの抗争とかデッカーの話とか下級ヤクザの話なんかも入ってます。そして、何と、今巻は引きがあります。おそらく、最後の話は、最終巻4巻への布石と思われます。
まー、相変わらずのニナンジャアクションものですが。ここに来て、ダークニンジャ=サンについて疑問が呈されたり。これまで名前ばかりが挙がっていたマッドサイエンティスト・リー先生が本格的に登場したり。ツイッターで本編を読んでいる先行者達が噂していたヤクザテングが登場したりと、すごいことになっています。
基本的にフジキドを主役としたメインストーリーと、ニンジャスレイヤーが狂言回し的に出てくるだけのゲスト主人公の話とが上手くミックスされて、作品の世界観を広げているのがワザマエ。
かと思えば、ワンマントップのラオモト=サンが子飼いのシックスゲイツを温泉旅行に連れて行ったり、ニホンの歴史と伝統は忠実に守られている様子が伺えて……笑えます。
とりあえず、フジキドを取り巻く人間関係がある程度形作られたところで、現在の最大の敵=ソウカイヤに対してどう出るのか。おそらく、4巻には最終決戦が描かれるでしょうから。来月が楽しみです。

ただ、ともかく厚いから、疲れた体には読むのが大変なんだな(笑)。

« 「クォ・ヴァディス(佐伯かよの/幻冬舎)」12巻 | トップページ | 「ガールズ&パンツァー リトルアーミー(槌居/メディアファクトリー)」全2巻 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/56875451

この記事へのトラックバック一覧です: 「ニンジャスレイヤー(ブラッドレー+フィリップ/エンターブレイン)」3巻:

« 「クォ・ヴァディス(佐伯かよの/幻冬舎)」12巻 | トップページ | 「ガールズ&パンツァー リトルアーミー(槌居/メディアファクトリー)」全2巻 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30