ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「CANDY POP NIGHTMARE(氷川へきる/スクウェア・エニックス)」2巻 | トップページ | KONOZAMAだよ »

2013年5月27日 (月)

「ガールズ&パンツァー 模型道公式教本(アスキー・メディアワークス)」

平日は普通に会社に行って仕事をするが、なんか、色色分けをからん展開が多いな、最近は。諦めモード。

ということで、なんか頭の中味が飛んでるなー。

「ガールズ&パンツァー 模型道公式教本(アスキー・メディアワークス)」が発売中です。
まー、一言で言うと「電撃ホビーマガジン」に掲載された記事の再録+声優さんのインタビュー+設定資料(人物)といった感じですか。
戦車作例は基本的に「アニメに似せるために頑張る」な部分が多くて参考になる……かというと、完成写真が多くて途中写真が少ない構成なので、どっちかというと写真集っぽい感じがありますね。そういう意味では、作らない人にも楽しめるのかもしれませんが。あと、戦車に関する用語が分からないと、解説自体がわかりにくいかも。っていうか、あさのまさひこ氏がセンチネルで始めた「誰にでも出来る」形式の超親切クローズアップ記事が特殊なのであって、元々模型誌の記事ってこんな感じだったんだよなぁ。
逆に、キャラグミンの制作方法はすごく詳しいです(笑)。
あと、大洗の戦車などは4面図が大きくて、図面を見慣れた人間にはこっちの方がアハパンよりも見やすいというか……こっちがあるから示し合わせてアハパンの四面図が小さいのではないかと勘ぐったり(笑)。
個人的にはキャラ設定よりも劇中で3DCGではない登場車両(レオポルド、くろがね四起、ディンゴ、英印装甲車、ピンクパンサー、カチューシャ、エアロソン、アンツィオの車両、チハタン、アンツィオの車両、グリーンのプラウダの車両、牽引車関係など)の設定(あれば)と劇中登場シーンを載せて欲しかった。っていうか、今後、何かに載るかなぁ。レオポルド・モニターとか、結構作っている人いるのになぁ。絶版キットを潰して(笑)。
それより、アニメ本編のムックに関する噂を全然聞かないので、声優さんのインタビューとかが貴重かもしれません。
ともかく、ガンガン買って、続きを出してもらうのが一番よろしいかと。

あと、行きつけの店で、アハパンを山積みにしていたのですが。これまでの本の売れ行きからして「長く余りそうだなー」と思ったら、1週間持ちませんでした(笑)。ガルパン人気スゲー。

« 「CANDY POP NIGHTMARE(氷川へきる/スクウェア・エニックス)」2巻 | トップページ | KONOZAMAだよ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/57473211

この記事へのトラックバック一覧です: 「ガールズ&パンツァー 模型道公式教本(アスキー・メディアワークス)」:

« 「CANDY POP NIGHTMARE(氷川へきる/スクウェア・エニックス)」2巻 | トップページ | KONOZAMAだよ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック