ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 幼生、死す | トップページ | 「眠らないでタエちゃん(中村ゆきひろ/秋田書店)」1巻 »

2013年6月17日 (月)

「金魚坂上ル(PEACH-PIT/講談社)」2巻

暑かった。本当に暑かった。

「金魚坂上ル(PEACH-PIT/講談社)」2巻発売中です。
お手伝いする「すくい屋」をやっている花小野にしきは、過去の想い出のカケラを求めて美郷町に帰ってきた。色々な人と出会ってカケラを増やしていくが、彼女の記憶は……。
というわけで、衝撃的な引きだった1巻でしたが、2巻はそれなりにまったりしたスタートで、拍子抜け。しましたが、少女漫画的な罠=秘密を持つと、それに対するペナルティが必ず掛かってくる、が発動。他にも、恋愛関係のもつれ(<というわけでは必ずしもないから、問題だよな)から、罠にかけられるとか……。
1巻がねむきとか不思議系の漫画っぽかったので、2巻の展開が一気に少女漫画的なテンプレになってびっくり。もう、ガチな奴(イメージ→昔のフレンド系)なので、割と苦手かも。でも面白い(笑)。構成が複雑で、どのラインから話が進展するのかワクワクする。
イジワルする相手が出てきても、やり方が杜撰で伏線的になっているのが推理モノっぽくて笑える。っていうか、遠野朱ちゃんが微笑ましいです(笑)。
ということで、展開が気になるところで次巻に続くから困ったものですが。またしても、引きでこれまでの展開をひっくり返す展開が。
少女漫画の要素と朝の連ドラのような爽やかさとファンタジー誌にみられるような不思議な雰囲気。なかなかひと言で片付けられない漫画になってきましたよ。

« 幼生、死す | トップページ | 「眠らないでタエちゃん(中村ゆきひろ/秋田書店)」1巻 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/57613998

この記事へのトラックバック一覧です: 「金魚坂上ル(PEACH-PIT/講談社)」2巻:

« 幼生、死す | トップページ | 「眠らないでタエちゃん(中村ゆきひろ/秋田書店)」1巻 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック