ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« NA75キタワ! | トップページ | 無題と書いておこう »

2013年6月 6日 (木)

「シェローティアの空砦(菊池たけし/エンターブレイン)」5巻完結

まだ、水曜日か。今週は、突発的問題があったわけでもないのに、根本的なスケジュールがきつすぎる。主に肉体的に(笑)。
面白いネタは色々あるのだがなぁ。

「シェローティアの空砦(菊池たけし/エンターブレイン)」5巻完結です。
砦シリーズ、ついに完結。「氷砦」当時からのリアルタイム読者なので、感慨深いです。というか、時代が終わった感。
リプレイの方はいつもと同じく、1冊1プレイで、内容的にもさほど荒れることもなく進んでいるので、昔のような「大惨劇」が楽しめるわけではありませんが、それでもS=F特有の偏ったプレイ感覚は健在で、今回もファンブルが鍵を握るような構成になってます。
あと、ストーリー的に見ると、もうちょっとハッピーな感じにしても良かったのではないかと思うけど。敵がああいう形で……というのは。

まー、惨劇と言えば、サシャのプレイヤーが足りないというので、とうとう田中天氏になってしまったあたりが、もう。NPC(菊池)→かわたな→天、と中の人が変わったおかげで、もはや原形を留めないというか。

しかし、今回の「空砦」はキャラクターを入れ替えながらのキャンペーンだったため、今ひとつ「長編キャンペーン」としてのパワーが足りていないというか。やっぱり、S=Fシリーズには「想定外」が含まれないとねー。海砦の途中で続行不可能になったり、闇砦で主役が悪役になったり。とか。まー、今回もストーリーがもの凄く歪曲されて、砦シリーズ全体の因縁が驚く結果になったり、ムチャクチャはありましたが。

しかしながら、ラストにふさわしく、サライが第1世界にいない理由が明らかになったり、ネタ的においしいところもありました。やはり、感慨深いです。
できれば、また、F.E.A.R.得意の2話1冊リプレイではなく、シナリオが予定通りに転がらない5~6回のキャンペーンプレイが読みたいものです。アンゼロットにも、そろそろ帰ってきて欲しいんですけどねー(笑)。
砦シリーズ完結に伴う版上げがあるなら、ガチガチのデータゲームではなく、多少偏っていても「クラシック」みたいな「システム的に遊びがある要素」をふんだんに入れたゲームにして欲しいなぁ。S=Fでしか楽しめない要素をシステムに落とし込まないと、世界観の多様化だけではガープスと変わらないような……。

« NA75キタワ! | トップページ | 無題と書いておこう »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/57533294

この記事へのトラックバック一覧です: 「シェローティアの空砦(菊池たけし/エンターブレイン)」5巻完結:

« NA75キタワ! | トップページ | 無題と書いておこう »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30