ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「国産車の愛し方(小沢コージ/小学館)」 | トップページ | おめでたい話 »

2013年8月 6日 (火)

「超人ロック 風の抱擁(聖悠紀/少年画報社)」5巻

ゴミ箱蹴飛ばしたので、部屋の中が本当にゴミだらけに(笑)。
雨が散発的に降ったりやんだり。正に「亜熱帯気候」。こんな日はミミズがよく捕れるのでカメが喜ぶ。

「超人ロック 風の抱擁(聖悠紀/少年画報社)」5巻が発売中です。
ということで、第三波動を操るミラとロックの恋の行方ですが。「次のシリーズでいきなり死亡」がない代わりに、ロックの関係者としては珍しく、かなり長いこと大変な目に合ってます。ロックが本気出すともっとかんたんに片が付くイメージがあるんだけど、ロック自身に精神的なダメージが大きいせいでか、どうにみ後手後手に回ってますな。
というか、「ロックに人の心が理解出来ていない」という描写を繰り返しする、というのもなかなか新しいかと。最近はわりと「人道的」で「大人」な「余裕のある」人格として描かれることの多かったロックなので(そもそも夫婦生活?もそれなりに経験あるし、自分の子供でないけど、子供も育てたことはあるし)、そうありながらも「何か大切なモノが麻痺していた」ことに気づけたのか?というか、そういう意味ではロックの精神的な成長が描かれている希有な作品なのかもしれません。
ということで、帯に書かれている今回の決めぜりふ「それだけか?小僧」に至るまでのロックの変遷に乞うご期待。というか、そこまで粘るロックも大概だよなぁ。しかし、「小僧」といった年長目線の発言が出てきたのは本気で珍しいですから……。

« 「国産車の愛し方(小沢コージ/小学館)」 | トップページ | おめでたい話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/57935784

この記事へのトラックバック一覧です: 「超人ロック 風の抱擁(聖悠紀/少年画報社)」5巻:

» 『超人ロック風の抱擁 5巻』の感想 [オレが面白いと思っているアニメやマンガは、本当に面白いのか?]
超人ロック風の抱擁 5 (ヤングキングコミックス)著者 : 聖悠紀少年画報社発売日 : 2013-07-30ブクログでレビューを見る≫5巻、読みました。思いもよらぬ長期化 [続きを読む]

« 「国産車の愛し方(小沢コージ/小学館)」 | トップページ | おめでたい話 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31