ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« フォーサーズ統合宣言 | トップページ | 「新約 とある魔術の禁書目録(鎌池和馬/アスキー・メディアワークス)」8巻 »

2013年9月14日 (土)

「ふおんコネクト!(ざら/芳文社)」全4巻

「ふおんコネクト!(ざら/芳文社)」全4巻を読む。
「しかくいシカク」のざら氏が前に連載していた漫画です。こちらも、主役のふおんがデジカメ部ということでうっすらと写真ネタもあります(カメラネタはねーデス)。
さて、内容はというと……学園ものです。以上。
……いや、実にまとめにくい内容なんだよ、これが。血の繋がらない(複雑な縁の)3姉妹と、常識を越えた問題児のふおん、それを取り巻くクラスメイトや先生たちの物語である。
ということで、主役のふおんは昆虫と話が出来る謎の少女。ただし、その正体は劇中では語られないし、特殊な能力についても描き下ろしの巻頭カラー等でちらっと出てくるだけである。
三姉妹の長女は養女で、離婚した母の仕事の師匠の所に紛れ込んでいたノルウェー出身の北欧美幼女。姉妹の通う高校の教師にしてふおんと並ぶ問題児。ふおんの秘密に関わっていたり、自身がとんでもない設定を持っていたりする謎の人物だが、本編中ではただのダメなオタク。
次女は父と離婚した母の実の娘で、完璧超人。株で億万長者。しかし、ダメ人間な母親のトラウマによりハートフルなコミュニケーション能力に問題があったが、高校3年間のうちに……。その変化がこの作品の一つのストーリーかも。
そして、三女は再婚した母親の連れ子で、主要メンバーの中では一番の常識人。母親が看護師という時間不定期な職なので、一般的な生活能力も高い。 ということで、三姉妹と父親、二人の母親という家族だけでも複雑な設定とドラマがあるわけで、ここにトラブルメーカーと学園ものとしての要素を加えると……なかなか面白い作品が生まれるわけです。
学園モノ4コマですが、ざら氏の作品の特徴として「非常に密度が濃い」ことがあり、普通に読むだけでわりと時間が掛かったり。細かいネタの振り方も面白いし、読み取るべき情報は多いし、何よりキャラが可愛いです。この作品では、やはり、長女の英夕せんせいですか。ダメ人間だけど、ほっとけないかわいさです。
あと、ざら氏の作品に惹かれる理由の一つは4巻カバー下の「あとがき」に秘密があるのかもしれません。詳しくは書きませんが好きなモノが共通(笑)。そして、この「あとがき」の絵柄は、模写とかの類でないのに非常に雰囲気が良く出ていて素敵です。でも、作品としてのざら氏のスタイルも大好きなので、この作品もお薦めなのです。濃い4コマを求めている人に。
ちなみに、ペンネームの由来がザラブ星人というのはあまりにも凄いと思った(笑)。

« フォーサーズ統合宣言 | トップページ | 「新約 とある魔術の禁書目録(鎌池和馬/アスキー・メディアワークス)」8巻 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/58187178

この記事へのトラックバック一覧です: 「ふおんコネクト!(ざら/芳文社)」全4巻:

« フォーサーズ統合宣言 | トップページ | 「新約 とある魔術の禁書目録(鎌池和馬/アスキー・メディアワークス)」8巻 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30