ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「エンジン設計のキーポイント探究(岡本和理)」 | トップページ | 「マン・マシンの昭和伝説(前間孝則/講談社)」上巻 »

2013年10月19日 (土)

「プリンス 日本の自動車史に偉大な足跡を残したメーカー(当摩節夫/三樹書房)」

読んでいる本が厚すぎて終わらない……。

「プリンス 日本の自動車史に偉大な足跡を残したメーカー(当摩節夫/三樹書房)」を読む。
シリーズとして刊行されている、カタログ掲載本です。ハードカバーで頁数の割にお高いですが、カラーページが多いです。
そして、珍しいカタログがかなり掲載されているので、資料としても貴重です。ただ、コマが小さいので、文字が読めない物が多く、写真を見るだけになってしまったりすること(解説は付いている)、全ページが載っているわけではないことが残念である。
つまり、カタログ中心の写真集だと思えば間違いなし。乗用車メインで、基本は箱スカまで。C110ケンメリGTRも。グロリアはセドリックと統合される前の縦型4燈時代まで。
乗用車ベースの商用車、特にスカイウェイ関連のカタログは特に良いかと。あと、スカイラインでも初代の最後期とか、2代目のS57とか生産数の関係であまり採り上げられない機種についても掲載されているのは○。
逆に、トラックなどの商用車については通り一遍のモノクロ解説があるだけなのが残念。クリッパー、マイラー、ホーマー、ホーミーといった機種は独特の魅力があるだけにどこかで大きく採り上げられるべきだと思うが……そういう本を探している最中。
ということで、プリンスの車が好きな人向けの本ですな。

« 「エンジン設計のキーポイント探究(岡本和理)」 | トップページ | 「マン・マシンの昭和伝説(前間孝則/講談社)」上巻 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/58411115

この記事へのトラックバック一覧です: 「プリンス 日本の自動車史に偉大な足跡を残したメーカー(当摩節夫/三樹書房)」:

« 「エンジン設計のキーポイント探究(岡本和理)」 | トップページ | 「マン・マシンの昭和伝説(前間孝則/講談社)」上巻 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック