ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「アルディオン・ナイトメア(鈴吹太郎・菊池たけし/エンターブレイン)」 | トップページ | 「プラモデルで見る世界の戦車史(大日本絵画)」 »

2013年11月26日 (火)

「ゆりてつ(松山せいじ/秋田書店)」4巻

頭が痛いのだが、頭痛ではなく、頭の皮が動くと痛い。頭に触ると痛い。……皮がずるっと向けて骸骨になるようなギャグとかホラーがあるけど、そんな感じのものを思い出させるなぁ。ネットで検索すると、頭皮神経痛とか出てくる。確かに、ストレスによると言うなら良くわかるわ。あと、神経内科に行けとか書いてあったりするけど、昔、MRIまでとっても何も分からなかったからなぁ。1か月くらい会社休んで寝てれば治るだろうけど、クビになるな(笑)。

「ゆりてつ(松山せいじ/秋田書店)」4巻完結です。
鉄である松山氏が「鉄娘な3姉妹」に続いて描いた鉄道ものの漫画です。ただし、松山氏の漫画に見られるキャラクターの誇張表現(超巨乳やガチマッチョ、頭身が妙に小さい子供キャラ等)がまったくなく、むしろ表現として色々な意味でかなり「薄い」絵柄になっています。よって、他の作品に比べてかなり「読みやすい」漫画になっています。
また、趣味を作品に反映したものだけあって、作品内での鉄道及びその周辺の描写はすばらしく、松山作品を読み続けてきた私としても一般の人に大いに勧められる内容となっています。
唯一、顧問の先生が松山キャラと識別出来るデザインですが、それでも、身体誇張はないです(笑)。まー、正直、このみ先生可愛いと思うのですが、ナンデ作品内でぞんざいに……って、酒癖の悪さが全ての元凶でしょうなぁ。
というわけで、少女漫画調のほわほわな絵柄で描かれる鉄道漫画。鉄成分が多めの人にはお勧めかと。ちなみに、私には鉄成分は全然ありませんし、作品中に出てくるカメラもペンタックスじゃないし……でもいい作品ですよ(笑)。

« 「アルディオン・ナイトメア(鈴吹太郎・菊池たけし/エンターブレイン)」 | トップページ | 「プラモデルで見る世界の戦車史(大日本絵画)」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/58650508

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゆりてつ(松山せいじ/秋田書店)」4巻:

« 「アルディオン・ナイトメア(鈴吹太郎・菊池たけし/エンターブレイン)」 | トップページ | 「プラモデルで見る世界の戦車史(大日本絵画)」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31