ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« ZC72 スイフトRS(3型) で思ったこと | トップページ | チョコペン »

2013年12月22日 (日)

「豪快&パンツァー(不気味社音楽応用解析研究所)」

昨日書いたスイフトの話で、低速時の挙動について訂正した。意識して乗ってみたら、買ったぱっかの時と挙動が変わっていた。慣らしはいらないとセールスも言っていたけど、やっぱり機械であるからには、ちゃんとエンジン回るように気を使ってやる必要はあるのかもしれない。

通販を頼んだときに、いっしょに「豪快&パンツァー(不気味社音楽応用解析研究所)」も発注した。届いたので、早速聞いてみた。
不気味社というのはSF関係のファンジン(<死語)に関わったことがある人なら誰でも知っているくらい有名な秘密結社で、中でも音楽応用解析研究所はコミケなどでも人気の「豪快な歌声」シリーズで一般の人々にも有名な組織である。秘密結社なのに(笑)。
で、豪快シリーズはオリュンポス三十二歌神という男衆がアカペラでアニメや特撮ソングを歌い上げるもので。歌唱曲だけでなく、伊福部昭氏や冬木透氏の劇盤を素晴らしいアレンジでアカペラ歌唱曲に仕上げてあり、インターネットでサンプル曲も聴けるので(サンプルどころか死ぬ程長い組曲も聴ける)興味のある人は探してみて欲しい。あくまで秘密結社だから。
というわけで、「豪快&パンツァー」ですが。タイトルを聞けばわかると思いますが、「ガールズ&パンツァー」の曲を男性コーラスに仕上げたものです。しかし、OP、EDとかではなく、劇中で流れる各国の軍歌、マーチを言語版の歌詞で歌い上げる、というマニアックなものになっています。アカペラですが、実に軍歌らしく、いつもにも増してマッチングがよろしいです。もちろん、ギャップ萌えなあなたのために「あんこう音頭」もあります。
イベント以外でも、サイトの通販や同人ショップの委託でも買えるので、安心な作品ですが。なんと、冬コミで販売される作品の中に「キング豪快&パンツァー」が予告されていました。何がキングなのか。キングタイガーだろうけど、キングゲイナーとかキングギドラとか何か違うものが最初に浮かんだのは秘密です(笑)。

« ZC72 スイフトRS(3型) で思ったこと | トップページ | チョコペン »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/58796757

この記事へのトラックバック一覧です: 「豪快&パンツァー(不気味社音楽応用解析研究所)」:

« ZC72 スイフトRS(3型) で思ったこと | トップページ | チョコペン »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31