ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「這いよれ!スーパーニャル子ちゃんタイム(星野蒼一朗/ほるぷ社)」4巻 | トップページ | 「東宝特撮映画大全集(ヴィレッジブックス)」 »

2013年12月17日 (火)

「ニンジャスレイヤー~マシン・オブ・ヴェンジェンス~(余湖裕輝/角川書店)」1巻

打ち合わせ延期。しかし、一日のほとんど、画面ガン見しながらグラフ書いたりしていたので、気持ち悪いわ(<目は弱点)。

帰ったら、覚えのない荷物が届いていたので、?となりましたが。中味は「軽トラ野郎」の帽子でした。まだ、クルマを替える前に、あちこちサイトを渡り歩いて情報収集していた時に、ちょうど新型キャリィが発売されて。キャンペーンをやっていたので応募していたのでした。スズキのクルマを買うことなんて微塵も感じさせないアンケート内容でしたが。結果、赤いスイフトRSに乗って、赤い軽トラ野郎キャップを被ったおっちゃんが誕生したのでした。

Keitora


「ニンジャスレイヤー~マシン・オブ・ヴェンジェンス~(余湖裕輝/角川書店)」1巻発売中です。
ということで、このページでも物理書籍版ニンジャスレイヤーは全巻採り上げてきましたが。今回は、漫画版です。
絵柄は「わらいなく」氏の小説版準拠ですが。切り絵のようなシャープな線のわらいなく氏に対し、こちらは流れるようなイメージがあります。墨絵的とまでいくと言い過ぎですが、対比するとそんなイメージです。そして……さすがに、絵にするとボリュームが足らないですね。小説が分厚くて沢山話が入っているのに対し、単行本1冊でもエピソードが入りきらない感じがしますね。
ただ、中味は誰が見ても「ニンジャスレイヤー」ですな。コマの中に入るト書きというか、解説が漫画として考えるとすごく妙な感じに思うのですが。その辺が好き嫌いになるのかも。
今回は、ほぼアクションシーンで占められていましたから、ストーリー的な見せ場とか、キャラクター的なウリなんかはこれからですね。ですから、漫画版のみのファンがどうなっていくかは、これから次第な気がします。ユカノさんはワンカット登場していますが、人気のヤモトさんとかはまだまだでしょうからねぇ。人気エピソードがどのタイミングで組み込まれるかとか、結構重要な気がしますわ。
個人的に1巻で良かったと思うのは、クローンヤクザですね。挿絵なんかではあんまり描かれないですが、ずらっと並んだ角刈りグラサンが並んで動く様は、文章で読むよりも異様で「あー、こりゃ確かに怖いわ。でもってキモいわ」と思いましたわ。

« 「這いよれ!スーパーニャル子ちゃんタイム(星野蒼一朗/ほるぷ社)」4巻 | トップページ | 「東宝特撮映画大全集(ヴィレッジブックス)」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/58774615

この記事へのトラックバック一覧です: 「ニンジャスレイヤー~マシン・オブ・ヴェンジェンス~(余湖裕輝/角川書店)」1巻:

« 「這いよれ!スーパーニャル子ちゃんタイム(星野蒼一朗/ほるぷ社)」4巻 | トップページ | 「東宝特撮映画大全集(ヴィレッジブックス)」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31