ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「ハヤテのごとく!(畑健二郎/小学館)」39巻 | トップページ | 「インテリビレッジの座敷童(鎌池和馬/アスキー・メディアワークス)」3巻 または推理型小説と「うみねこのなく頃に」の解題 »

2013年12月28日 (土)

「簡単なモニターです(鎌池和馬/アスキー・メディアワークス)」

「簡単なモニターです(鎌池和馬/アスキー・メディアワークス)」を読む。
前作「簡単なアンケートです」の続きですが、基本は短編集なので、前作を読んでなくても大したことはないとは思います。っていうか、厚さは2倍近くなり、内容的にも2段階くらい「外側が広がった」感じですか。
アミューズメント施設の新アトラクション企画のモニターという名目で俗悪なフィルムを延々と見せられた人たちが……という感じで短編フィルム(これが基本の短編集となる)の内容が提示され、そのあと、参加者達の身に色々と起こるわけです。そこからの……という仕掛けが前作よりも悪趣味に、そしてより核心に近いもの(前作ではそこまで踏み込んでいない)が現れて……という風に見せて……。
という感じですが、おそらく私自身がこの作品の仕掛けというかすべてを理解しているという事はないような気がしています。それでも、書く(笑)。
でもって、本編の意味が分かりにくい分(というか、最終的に何処に視点があるのかわかりにくい。前作なんて、おそらく挿絵がキーだと……今作を見て気がついた)、あとがきが作品の一部を成していて、更に、ブラフも兼ねているのではないかとまで思える。嘘は言っていないのだろうが、読者の思考をかき回すという意味では、おそらくここまで含めての作品なのだと思う。でもって、その結論自体に面白さがあるのかはさっぱり分からない。
私に言えることはただ一つであり、結末からして、そのことは作者にとってさほど大きいものではなかったと思われる。
「バニーさんがよかったのに……」
オレタチニヒツヨウナノハタタカウコトデハナクアイシアウコトダッタノダ

« 「ハヤテのごとく!(畑健二郎/小学館)」39巻 | トップページ | 「インテリビレッジの座敷童(鎌池和馬/アスキー・メディアワークス)」3巻 または推理型小説と「うみねこのなく頃に」の解題 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/58837809

この記事へのトラックバック一覧です: 「簡単なモニターです(鎌池和馬/アスキー・メディアワークス)」:

« 「ハヤテのごとく!(畑健二郎/小学館)」39巻 | トップページ | 「インテリビレッジの座敷童(鎌池和馬/アスキー・メディアワークス)」3巻 または推理型小説と「うみねこのなく頃に」の解題 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック