ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「県立地球防衛軍(安永航一郎/小学館)」復刻版を買うべきか、買わざるべきか | トップページ | 「豪快&パンツァー(不気味社音楽応用解析研究所)」 »

2013年12月21日 (土)

ZC72 スイフトRS(3型) で思ったこと

昼間は結構真面目に書こうと思っているのだが、夜になるとパワーが足りない……。

ここ2日ばかり、顔面神経痛か、パソコンの画面を見ていると左のまぶたが痙攣して、仕事がしづらいという問題発生。まー、眼精疲労みたいなモノだろうけど(今はなんともないしな)、精神的なモノとか言われると面倒だな。

3代目スイフト(ZC72)のRS(3型)に乗り始めて1か月と2/3。初回を抜いて2回目の給油。満タン法で実燃費14.5km/Lというのはあまり良くないような気もするが、乗り始めで、この寒さで、これだけ出るのはなかなかよろしいとも言える。マーチ(K12)は15km/Lになるまでに8年くらいかかったからなぁ。あと、こないだの街中渋滞がなければもう少し行ったかも。
実際には、ネットで見たりする情報によると(つまり未確認情報だが)、どうも3型(2013年7月のMC以降の型)からエンジンやCVTの制御パターンがかなり変わっているらしく、燃費重視から走り重視に多少なりともシフトしているらしい。これは、DJE(3型からエントリー)はエンジンがよく吹ける、という話とも合うが、DJEでなくとも、試乗や代車に乗った人の発言からすると結構変わっているらしい。そこからすると、1型や2型の人で燃費よりエンジンの回転を重視する人は、コンピュータの中味をバージョンアップしてもらった方が良いのかもしれない。巷でよく「寒い日に2000回転でリミッターがかかる」とか聞くけど、うちのは踏みこめばすぐに3000回転オーバーまで回るよ。
よく、CVTはもっさりしているとか、低速でがたつくという言葉を聞くが、これは一般的なトルコンATから乗り換えた人に多いようである。当然、私も最初はそう思っていたけど、CVTの乗り方を覚えれば「かなり」解消出来る。一番の問題は、トルコンATだと強く踏み込むとキックダウンになるため、踏み込むとギアが下がる→エンジンの回転数が上がる→急加速というパターンを避けるためにアクセルを加減しながら踏み込んで、回転を徐々に上げながら引っ張る方ような乗り方になっているからと思われる。自分がそうだったから。
しかし、こないだの温泉忘年会でも話題になったが、CVTは強く踏み込んでもギア比が徐々に上がりつつ、速度も徐々に上がるような、一般的なミッションと明らかに違う挙動を取る。このため、ともかく強く踏まないと加速しないのである。エンジン自体も大してパワーがないんだから、もっさりしていると思ったら、ともかく踏み込む。そうすればよく加速してくれる。
ただ、もっさり感はなくなるが、素敵な加速感はやっぱりない。これは2代目Mr.スカイラインと呼ばれる伊藤修令氏が著作で言及しているのだが。櫻井氏に指摘されたことから、綺麗に加速するとGが掛からないので加速感が感じられないことに気がつき、修整したという話がある。おそらくこれで、CVTはぬるぬると一定割合で加速していくので、メーターを見ていると速度が出ていることはわかるのだが、体感的に加速している感じがしないのである。これは、反応がもっさりしているのではなく、ヌルヌル加速しているせいである。多分。
あと、副変速機は上昇時は60km/h、下降時は40km/hで変速だと思うけど。これがLowの時の走りが、最初ぎくしゃくするように感じた。Hiの時にはアクセル踏まなくてもスムーズに走るのに、Lowになると、速度によってはアクセルを抜いた瞬間にエンジンブレーキがかかったようになる時があるのである。結局、低速では、常に軽くアクセルを踏んでいればガコガコした走りはしなくなる、というのが現在の結論。しかし、これって燃費にはよくねーわな。まー、慣れると加減が分かってくるようで、最近は乗り始めのような変な挙動は感じなくなったと思う。[訂正:この文章を書いたあと、意識して運転してみたら、普通にアクセル抜いても問題なく走ってくようになっていたわ。微妙にエンブレかかるけど、困らないレベルで走っていってくれる。学習機能?アタリが出た?1000km走ったらガクガクしなくなったのは確かなので、心配いらない話だったわ]

ちなみに、このあたりの話はミッション系のことだけど。他にRSにおける問題点と言われること。一つはロードノイズが大きい。一つはエアロのせいで前向き駐車注意ということ。この2つは仕方がない。
カーブを曲がるときの楽さは足周りがフワフワのマーチと比べると段違いで、素敵だけど。継ぎ接ぎだらけの道を走ると、ゴツゴツどころか感覚的に跳ねるわ。ただ、個人的には、子供の頃に一番乗っていた記憶があるのが親父のスカイライン(R30-RST)だったので、硬い足まわりの方がなじむ気はする。マーチで唯一の不満点が足まわりの柔らかさだったから。
エアロは……会社でエアロ付けてる若い連中と話していて思ったけど、仕方ないよね(特に田舎だと)。割りたくなければ、駐車場と歩道や店に乗り入れるとはには常に気をつけろとしか(笑)。

« 「県立地球防衛軍(安永航一郎/小学館)」復刻版を買うべきか、買わざるべきか | トップページ | 「豪快&パンツァー(不気味社音楽応用解析研究所)」 »

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/58790794

この記事へのトラックバック一覧です: ZC72 スイフトRS(3型) で思ったこと:

« 「県立地球防衛軍(安永航一郎/小学館)」復刻版を買うべきか、買わざるべきか | トップページ | 「豪快&パンツァー(不気味社音楽応用解析研究所)」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30