ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「ヴァルキリーワークス(逢空万太/ソフトバンククリエイティブ)」3巻 | トップページ | 「ガッチャマンクラウド」のBD-BOX購入 »

2014年1月20日 (月)

「狂戦士伝説 魔界都市<新宿>(菊地秀行/朝日新聞出版)」

仕事が妙にフワフワした感じ。あと、工場のミスで、先週やった仕事の1/3が飛んだ。怒る気力もなかった。

ヤフオクのカメラ部門でテンプレ的に詐欺まがいの初心者騙しをしている人たちが大勢いて不思議に思っていたら。そういう有名な本や塾があって指導しているテンプレ通りだそうな。調べてみると、関係したサイトや逆に警告サイトが多数出てきて非常に興味深い。中身をよく読んだり、写真をよく見れば「わかる人なら」おかしいところはすぐわかるだけに、ダマされる人が可哀想というか。私のように、修理が趣味でどちらかというとジャンクばかり漁っていたような人間でも、最初はカメラ屋の中古やジャンク籠で勉強させて貰いましたが。真面目に良品を求めている人がオークションから入るというのはやっぱり無理があるかなぁ。

「狂戦士伝説 魔界都市<新宿>(菊地秀行/朝日新聞出版)」を読む。
十六夜京也版魔界都市<新宿>の最新刊です。昔の菊地先生はこの十六夜京也のシリーズをジュブナイルの典型的ヒーローすぎるとしてえらく嫌っていましたが。それでも、自分の作風に近づけようと最初は不良風の立ち位置にして、次にはバーの用心棒なんかをさせ、なぜか今風の大学をエンジョイする若者になり……最終的に普通の好青年っぽい大学生になりました(笑)。
鬼畜ひどゆき先生と(夢枕獏先生に)言われた菊地先生も年とともに、そういうヒーローらしい清々しいヒーローを容認するようになったかと思うと、感慨深いものです。
そして、京也くんやさやかちゃんは、一体、何人の人間の生まれ変わりなんでしょうか(笑)。もう、体の中に人でないモノがうようよしていて、あるときは神様だったり、あるときは伝説の剣士だったり、生まれ変わるたびに想像を絶するヒーローとしてカウントされているのでしょうか。……まー、今もそうだから、何百年後に生まれ変わって「あの十六夜京也の生まれ変わり」とかなっても、同じ意味なのかもしれませんが。
そんなわけで、ストーリーはわざわざ書かなくてもいつもの菊地先生です。世界各地から己の運命を悟った人間達が集って、最強の……という感じ。筆の赴くままといった感じの疾走感も、ページ数が良いところでバッサリ終わる感覚もいつも通りです。
ただ、いつも以上に「ラノベ感」が高いです。昔では考えられなかった程、ジュブナイルを通り越してラノベになっています。菊地先生の全盛時をリアルタイムで知っている人間としては実に感慨深いです。昔は、こーいう作品に対して文句タラタラ言っていたのに(笑)。
ということで、最初の「魔界都市<新宿>」のような古き良きサイバーパンク伝奇SFともちょっとちがったラノベっぽい伝奇作品ですので、昔の凶悪な菊地先生がダメだった人でも、このシリーズは安心して読めると思います。
でも、ハーレム展開とかはないデスよ(笑)。

« 「ヴァルキリーワークス(逢空万太/ソフトバンククリエイティブ)」3巻 | トップページ | 「ガッチャマンクラウド」のBD-BOX購入 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/58981595

この記事へのトラックバック一覧です: 「狂戦士伝説 魔界都市<新宿>(菊地秀行/朝日新聞出版)」:

« 「ヴァルキリーワークス(逢空万太/ソフトバンククリエイティブ)」3巻 | トップページ | 「ガッチャマンクラウド」のBD-BOX購入 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31