ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« プラモデルを買う | トップページ | 「クォ・ヴァディス(佐伯かよの/幻冬舎)」14巻 »

2014年3月30日 (日)

「機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還(Ark Performance/角川書店)」8巻

消費税前の駆け込みか、新刊が酷いことになっていて、ムック本とか冗談でも買い切れないし。道路は意味もなく混でいるし。大変。車を洗いたかったけど、すぐに雨だし。
ちなみに、カメの水槽から桜の葉っぱを出したら、イシガメはやたら元気で寝ていたようには見えないレベルだった。その割には、全く日光浴とかしてなかったけど。

「機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還(Ark Performance/角川書店)」8巻が発売中です。
ということで。表紙がヤザンとギャプランという組み合わせ。なんという出世。しかし、Zガンダム組の中で最後まで生き残った悪役は彼だけだし、部隊内では、意外といい人だったしねぇ。
さて、サングレ・アルスを巡る攻防戦ですが。政治家方面のオクスナーVSゴップの攻防と、ジャコビアスVSヴァースキ(ヤザン)の両面での競りあいに。FSSが絡むという感じですが。FSS自体がオクスナーによる設立ということで、それも、オクスナーの管轄下ということになるし。戦っているのも、ヴァースキの上にイングリット0が位置するとすると、3勢力すべてがキマイラの残党ということになって。本気で戦闘をやりつつも、実際の目的としては殲滅戦ではなく「サングレ・アルス(ザンジバル)」の入手が目的ということで、演習をやっているような感じも。ガルダは世界的に貴重だから落とせないとか、Zの頃に比べると世界観が「地に足が付いている」感じになって重いです。
あと、人の繋がりが相変わらず酷いことになっていて、キマイラの残党の繋がりとか、今後は「ギレン暗殺計画」「光芒のア・バオア・クー」を絡めた伏線とか……複雑な物語構成が好きな人間としては、ワクワクものですね。
基本的に、すべての人間ががちでカッコイイので、こういう世界観の世界に生きてたら自分ももう少し格好良く行動出来るのかなぁ、とか……そういう事を思ってしまう良い作品です。

まー、この世界で格好良く生きていけなければ、ドコに行ってもいっしょなんですけどね(笑)。

« プラモデルを買う | トップページ | 「クォ・ヴァディス(佐伯かよの/幻冬舎)」14巻 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/59377892

この記事へのトラックバック一覧です: 「機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還(Ark Performance/角川書店)」8巻:

« プラモデルを買う | トップページ | 「クォ・ヴァディス(佐伯かよの/幻冬舎)」14巻 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック