ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« K13マーチNISMO見た | トップページ | 「コマモノマガジン(中村哲也/トラツグミ)」 »

2014年3月16日 (日)

「這いよれ!ニャル子さん(逢空万太/SBクリエイティブ)」12巻

「這いよれ!ニャル子さん(逢空万太/SBクリエイティブ)」12巻完結です。
逢空万太先生のデビュー作にして、最近妙に周辺展開が生き急いでいるようなニャル子さんですが。とうとう完結です。まー、いつ完結してもいいような話というか、迷走というか、ネタ切れというか、そんな感じもありましたが。万太先生初の完結編ということで、気合いを入れたのが来ましたね。
1巻丸々「いかにして真尋くんがデレるのか」という事に費やしています。迷走というか、ヒロイン過多によるハーレム展開的な流れはありましたが、最後まで「ニャル子と真尋」の物語であったのは評価すべきかと思います。真尋君の好みが1か月の間にねじ曲げられてしまった現実が笑えます。というか、どこかの頭の沸いた主人公に比べると、真尋君がいかに普通か……というかヘタれかということが強調されていてなかなかよろしいです。
そして、そんな真尋君が最後にはとうとう……あまりの仕打ちに笑ってしまいました。もうちょっと微妙な描写になるかと思ったら、なんという直接的な。はっきり言って最近の万太先生は桃色な脳みそに溺れているようですが、まー、それでもニャル子さんでは本当にヤバイのはクー子にすべて押しつけているおかげで作品全体としては、それなりになっているような。
まー、素晴らしいまでのハッピーエンドかつ、書きたくなったらまた続きが描かれるような気がしますので、期待せずに待っていようかと思います。
ちなみに、今回は限定版があって、ホビレコ版フォーマットのドラマCDが付いてきます(キャストはアニメ版)。アト子さんが新キャスト(81やめたから?)ですが、ネタ的にもいい感じになっています。こちらも真尋君がデレる話なので、好きな人は是非限定版を買って、ニャル子尽くしでいってほしいことろです。
あと、この最終巻のエピソードは、是非、アニメにして欲しいところですな。

« K13マーチNISMO見た | トップページ | 「コマモノマガジン(中村哲也/トラツグミ)」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/59305587

この記事へのトラックバック一覧です: 「這いよれ!ニャル子さん(逢空万太/SBクリエイティブ)」12巻:

« K13マーチNISMO見た | トップページ | 「コマモノマガジン(中村哲也/トラツグミ)」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31