ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「島田フミカネ THE WORLD WITCHES(島田フミカネ/角川書店)」 | トップページ | 洗車とその後 »

2014年3月12日 (水)

「蒼きラジオのアルペジオVol.1(タブリエ・コミュニケーションズ)」

今日は時間がとれたので、先週の猛吹雪(笑)によって真っ白になった車を洗ってやった。友人はみんな機械洗車に頼っているようだが、私は根が貧乏人なので手洗い以外したことがない。そして、今日も手洗いして、最初に付いてきたコーティング用リンス(スズキ車用だが、日産に付いてきた奴もメーカーロゴ以外同じだったような)で拭き上げて、ガラスにガラコ塗って終わり。ワックス掛けしていた頃に比べるとずいぶん楽になったものだ。

「蒼きラジオのアルペジオVol.1(タブリエ・コミュニケーションズ)」を聞く。
音泉で配信していたネットラジオのCD版。最初の方を聞いていなかったので購入に踏み切った。
不仲ラジオなどと笑われる今作ですが、実際聞いているとそんな感じはなく、どっちかというとニコ生版のちぐはぐなイメージがひどいからか。まー、ガルパンでもおなじみの渕上さんがラジオ用キャラクターとしてはかなり怪しいのでねぇ。+ラジオ初めての山村響さんが、また、真面目に個性的な方なのでよけいにちぐはぐな感じが強いというか。沼倉愛美さんは竹達彩奈さんとやっている冠番組の内容が酷すぎるので、こっちは余裕で普通に聞こえます(笑)。
第7回まで(前半分)収録ですが。興津和幸ゲスト回を聞くと、いかにTridentの3人がフリーダムなのかよくわかります。ある意味、よく合っている。
CD用特別編はキリシマ役の内山夕実さんがゲスト。こちらも、やはり、ゲストが翻弄される様がひどいです。なんというか……キリクマの苦労が偲ばれるというか。
いや、実に面白い内容なので、アルペジオのMMの中の人に興味がある人は聞いてみるのも一興かと。むろん、ガルパンファンも渕上さんの一面として、ガルパンラジオの頃とは違った狂気を……。

« 「島田フミカネ THE WORLD WITCHES(島田フミカネ/角川書店)」 | トップページ | 洗車とその後 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/59282352

この記事へのトラックバック一覧です: 「蒼きラジオのアルペジオVol.1(タブリエ・コミュニケーションズ)」:

« 「島田フミカネ THE WORLD WITCHES(島田フミカネ/角川書店)」 | トップページ | 洗車とその後 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31