ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「新約 とある魔術の禁書目録(鎌池和馬/アスキーメディアワークス)」10巻 | トップページ | 「世界の傑作機 雷電(文林堂)」雷電について思う »

2014年5月14日 (水)

「ニンジャスレイヤー(余湖裕輝/角川書店)」2巻~ラストガール・スタンディング(イチ)~

毎日、キナ臭い事柄が積み重なっていくようでめんどい。
それはともかく、イシガメの元気がないので、餌をバンバンあげるようにした。冬眠あけからの餌の補給具合の難しさが爬虫類にはあるなぁ。その点、イモリは適当でも元気いっぱいだ。アカハラの成体は飼育の簡単さではトップクラスだな。

「ニンジャスレイヤー(余湖裕輝/角川書店)」2巻~ラストガール・スタンディング(イチ)~が発売中です。
今回は、初期エピソードから「キルソーン・スモトリ」と「ラストガール・スタンディング」です。
スモトリはオンラインゲーム風のリアルシチュエーションでバイオ・スモトリを狩る話。カチグミ・サラリマンの嫌な感じが良く表れていますが。忍殺の世界ではカチグミといえども一寸先は闇みたいなもので。実に無慈悲な話です。
あと、バイオ・スモトリは人間ではない別の生き物ということですが。今回のビジュアルは、確かに人ベースの生き物には見えませんわ。コレ、なんのために作られたんだ?
「ラストガール~」は人気の高いヤモトさんの最初のエピソード。ニンジャスレイヤーは活躍するほど出てこなくて、全体的にクールな青春ものっぽい色になっています。っていうか、そういう感じの原作が、よく表現されていて、なかなかよろしいです。もう一方の主役であるショーゴー=サンはイメージ通りのビジュアルですが(笑)。
とはいえ、今回は前半のみで。シ・ニンジャの活躍で3巻が埋まることでしょう。というか、正直、ヤモトさんのエピソードだけでも漫画版として引っ張っていけるだけに(逆に言うと、ヤモトさんのエピソードはメインストーリーではない)、全体のラインをどういう方向で持っていくのかが気がかりです。
まぁ、基本はサイバー道場&フォレスト・サワタリ、ジェノサイド、ヤクザ天狗あたりの人気キャラクターを順次投入ということになるのかと思いますが。

« 「新約 とある魔術の禁書目録(鎌池和馬/アスキーメディアワークス)」10巻 | トップページ | 「世界の傑作機 雷電(文林堂)」雷電について思う »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/59638798

この記事へのトラックバック一覧です: 「ニンジャスレイヤー(余湖裕輝/角川書店)」2巻~ラストガール・スタンディング(イチ)~:

« 「新約 とある魔術の禁書目録(鎌池和馬/アスキーメディアワークス)」10巻 | トップページ | 「世界の傑作機 雷電(文林堂)」雷電について思う »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31