ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「東方茨歌仙(あずまあや/一迅社)」4巻 | トップページ | カメラで使えるモバイルプリンタは絶滅したのか? »

2014年6月 3日 (火)

「嘘解きレトリック(都戸利津/白泉社)」3巻

なんか、むなしくなってきた(笑)。
決定的に何かがかけているナー。

「嘘解きレトリック(都戸利津/白泉社)」3巻発売中です。
最近、白泉社の本は買っていなかったので、2巻も出ているのに気がつかず、一緒に買ってきた(笑)。
というわけで、嘘がわかる能力を持った少女と貧乏探偵による話術レトリックなミステリーものです。
**の言っていることは嘘である、というのはパズルゲーム的なミステリーで使われる前提条件の一つですので。この作品も、そのあたりを上手く使った推理ものになっています。ただ、それをロジックとしてだけ使うのでなく、ヒロイン・鹿乃子の心情と組み合わせることによって物語としての面白さが出てきています。
1、2巻は鹿乃子の過去から来るトラウマ的なものと、探偵物語の絡みがメインでしたが。3巻は本格的因習ものです。いわゆる、閉鎖された田舎の**、という金田一耕助シリーズとかに代表されるアレですね。おかげで、今回は「ヒロインのおかっぱ眼鏡」「市松人形のようなロングのおかっぱお嬢様」「モダンな記者のショートカットおかっぱ姉さん」とおかっぱヒロイン大集合で俺特です。……因習モノ関係ないね(笑)。
全体的なストーリーは軽妙洒脱という感じでコメディ寄りですが。今回は因習ものと言うことで、多少なりとも悲劇ありの話になっています。でも、単行本1冊書けてやる話としてはなかなかの充実度で、ミステリーとして面白い作品になっていると思います。はい。

« 「東方茨歌仙(あずまあや/一迅社)」4巻 | トップページ | カメラで使えるモバイルプリンタは絶滅したのか? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/59750368

この記事へのトラックバック一覧です: 「嘘解きレトリック(都戸利津/白泉社)」3巻:

« 「東方茨歌仙(あずまあや/一迅社)」4巻 | トップページ | カメラで使えるモバイルプリンタは絶滅したのか? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30