ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« スイフト 2回目の長距離後 | トップページ | ちょっしたマナーとゴミの話 »

2014年7月29日 (火)

K-3と旅行

旅行とカメラの話。
その昔、K-200Dを買った頃、職場のカメラはニコンD70で、圧倒的な使いにくさとトロさから、ペンタ様々と思っていました。
ところが、最近は、K-200Dでは室内などの暗いところでAFがあまりに合わないために、ムキーとなってK-3を買いました。すると。ともかく、AFが早くてよく合う。よそはボディー駆動のAFなんて時代遅れという感じですが、ペンタは音を我慢すればモーターを強化したおかげで爆速で動きます。そして、-3EVのセンサーは室内でも、夕方でも、全く問題なく合焦してくれる。そして、動いている物にもちゃんと合焦する。置きピンや流し撮りじゃなくても走っている車が撮影できる(笑)。やはり、この時代に6年は長かったようです。
旅行の最中、全く困る事ありませんでした。2日間、写真を撮りまくりましたが、バッテリーは、まだ十分です(予備に、バッテリーグリップに電池詰めてもていったけど使わなかった)。
そして、ペンタにあるまじき静かさ。撮影中、隣にいた綾乃小路(元カメラ部員/現職業**でカメラを使う人)くんが、撮影しているのにシャッター音があまりにも小さかったので不審な顔でこっちを見ていたくらい。昔から、ペンタックスと言えば、ミラーのガチャコンという音が普通でしたから、ニコン様の高級機と同じ振り子式シャッター減衰機を持っているらしいK-3は別次元ですな。まー、アラーキー氏のように6×7のバッシャコーンという豪快な音がモデルに撮っている気にさせる、と言う人もいますから、TPOなのですが、普段使いには静かな方が気を使わないですね。そーいや、MZ-Sもどっちかというと静かな機体だったけど、いかにもモーター駆動といった音がするんだよな。あと遅い。
ということで、K-3、フィールドで使うのに実に役立ってくれそうです。というか、高い買い物でしたから、活躍してくれないと困りますが(笑)。あとは、フルサイズがいつ来るかですが……。

« スイフト 2回目の長距離後 | トップページ | ちょっしたマナーとゴミの話 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/60065101

この記事へのトラックバック一覧です: K-3と旅行:

« スイフト 2回目の長距離後 | トップページ | ちょっしたマナーとゴミの話 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31