ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 大洗 1日目 その3 | トップページ | 大洗 2日目 その2 »

2014年7月27日 (日)

大洗 2日目 その1

早速、手も顔も皮がむけてボロボロである。しかも、左手は、新しい皮もダメっぽいので、またむけるぞ、多分。

昨日の続き。

明けて7/20の朝は曇り~晴れといったところ。昨日の雨が嘘のようである。
そして、早朝から観光客が多いこと。団体、ということはないのだが、途切れることなく、誰かしらがやってくる。ので、窓からその様子を写真に撮ったりする。
朝食は、一般的な旅館朝食というよりは海の幸が豊富。私はおかずを食べるのに専念していたが、あとの二人はガンガンおかわりしていた。ちなみに、納豆が苦手なのだが、よく考えたら、ここの名産だったか。苦手だと言ったら、女将さんに心配された。珍しいのか?
この日は曲松商店街の第30回100円商店街であったが、同じ日に大洗でのOVA上映会と水戸でのホーリーホックの試合があるということで、全会場で声優トークショーありという豪華仕様。観光客が多いのは、このためである。
旅館の前でも、小屋から機材の運び出しをしたり、痛車の展示会の準備をしたりと大わらわである。
ということで、適当な時間にチェックアウトする。しかし、ここで、またしても一番下のお嬢さんに捕まってしまい、他のお客といっしょに算数の宿題(というより、通信教育のテキスト?)を教えることに。これが、また、やる気のなさ爆発で、答えを教えるのは簡単だけれどさすがにそれはないだろうということで、なんとか指を使って数えさせる程度の指導はする。が、相手の「お客に答えを言わせる誘導技術」の技の豊富さに、普段の生活が垣間見られるというか(笑)。
わりとフリーダムな感じなのは、ガルパン客の信頼度が高いからか?(<信頼を落とさぬよう気をつけるべし)。
宿を出ると、ダー様テーブルの反対側で炊き込みご飯の販売準備が着々と進んでいた。挨拶して……まずは神社に向かう。……なぜ神社?と思ったが、100円商店街の時間にはまだ早かったので、予定のコースなのだろう。
しかし、肴屋の前に出て思ったのだが。二階の特等席で外を見ていた場合、下から見ると近い!すごく近い!写真を撮るとすごく大きく写るだろうと予想される。それは、旅館としてのリアリティが増すだろうが、なんとも恐ろしい話である。まー、どーでもいいことだが。
アリサ看板の前でアリサのコスプレの人が彼氏と延々と看板を見ていた。こーいうこともあるのだなー、と思いつつ、神社の階段を上る。正直、下で待っていようかと思ったが、登る。3月に来た時には、誰も会談登ろうとは言わなかったのに(笑)。白川郷の展望台に登る坂よりはきつくなかった。
ちなみに、神社は改装中でした。

つづく

« 大洗 1日目 その3 | トップページ | 大洗 2日目 その2 »

日々徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/60048909

この記事へのトラックバック一覧です: 大洗 2日目 その1:

« 大洗 1日目 その3 | トップページ | 大洗 2日目 その2 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30