ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「センチュリオン主力戦車(ガリレオ出版)」 | トップページ | 「超人ロック 風の抱擁(聖悠紀/少年画報社)」7巻 »

2014年7月 7日 (月)

なんとなく戦争の話を聞く話

やってらんねー。と、会社に行くと、毎日そんな感じ(笑)。
引き籠もりたい(笑)。

「さくら兵団」を聞いていたら、戦争に行った祖父とかに話を聞いたりしておいた方がいいとか言っていたけど。うちの祖父は南方戦線で所属部隊が全滅したため(祖父は、その前に負傷して内地に送り返されていた)、私が聞いても戦争の話はまったくといっていいほどしなかった。父には語ったことがあるらしく、間接的には聞いているのだが。直接というのは、聞いても話してくれなかった。
ちなみに、晩年に「夢で部隊の仲間が呼んでいた」と話していたことがあったらしく、やはり、相当重い体験として最後まで残っていたようである。
他に戦争に行った人としては、祖母の兄が海軍士官だったらしく、勲章を山ほど付けた遺影がありましたが……遺影なのですよ。祖母によると非常に優秀な兄だったらしいのですが、当時の海軍士官ですから……。そして、祖母ではどの艦に乗っていたかとかの話はわかりませんでした。
というようなわけで、実際に戦争に行った親族に話を聞く機会はなく、どちらかというと、悲惨な部分のみをクローズアップしたような話を伝聞で聞くばかりで。

そういう意味でも、ミリオタなんかに足を突っ込むと、基本、一般人よりも戦争の悲惨さについては頭に叩き込まれるわけで。基本、TVとかで戦争を語っている人(専門家除く)に限って、大して戦争について知らないんじゃないかという、ひねくれた考えを持ったりしたりして。

« 「センチュリオン主力戦車(ガリレオ出版)」 | トップページ | 「超人ロック 風の抱擁(聖悠紀/少年画報社)」7巻 »

日々徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/59946021

この記事へのトラックバック一覧です: なんとなく戦争の話を聞く話:

« 「センチュリオン主力戦車(ガリレオ出版)」 | トップページ | 「超人ロック 風の抱擁(聖悠紀/少年画報社)」7巻 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30