ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 大洗 1日目 その2 | トップページ | 大洗 2日目 その1 »

2014年7月26日 (土)

大洗 1日目 その3

昨日は22時頃に意識を失って、気がついたら3時でした。灯りが付いている状態では3時間が限度かと思っていたのですが、とうとう5時間も寝られるほど疲れましたか。まー、起きるのめんどい、でムリヤリ寝ていた感はありますが。

K-3の限定版発売が決定しましたな。結構頑張った値段になっているので悔しい気もしますが、まぁ、それより安く買えたし。何より、大洗での写真の歩留まりの良さはプライスレスなので。
その辺の真髄は2chデジカメ板の「イヤッッホォォォオオォオウ!」スレの名言をお読み頂こう。

お前が1年我慢している間に、俺たちはフルサイズ機を手に入れる。
お前が2年我慢している間に、俺たちはサンニッパを手に入れる。
お前が3年我慢している間に、俺たちは無数のシャッターチャンスを経験している。
お前が4年我慢している間に、俺たちは気付くだろう『カメラとはなんぞや?』
お前が5年我慢している間に、俺たちはカメラや無数のレンズと一心同体となっている。
お前が6年我慢している間に、俺はエビフライ貯金を終えている。
お前が7年我慢している間に、俺はエビフライをぶつけるための筋力が付いている。
イヤッッホォォォオオゥオウ!

買う買うサギなんて、人生の無駄だと思います。
ということで、一昨日のつづき。

肴屋の窓から見える駐輪場には痛自転車と怪しいパネルが。あと、小屋の方では次の日の準備で夜も明かりが灯っていたり。

20140719_3

さて、宿を後にした我々はテキトーにパネルを撮影しつつ駅へ向かう。なんとなく。
そこで、ラッピングバス1号発見。

20140719_4

ラッピングタクシーも発見。

20140719_5

ついでにラッピング列車1号も見てくる。……この位置に止まっている時では、反対側は向かいの家からじゃないと無理か?

20140719_6


帰りは住宅街の中の細い道を適当に歩いていたが、観光客には絶対発見出来ないような所にもお店があったりして、古い住宅街の恐ろしさを目の当たりにする。この辺り、二次大戦で爆撃目標にされなかったのかな?

夕飯は日立牛コースでしたが、うまかったです。牛より豚派ですが、うまい牛でした。あと、魚料理が想定を超える勢いで沢山出てきて、満足度は高かったです。
ここで、廊下を歩いている大将をちらっと見ました。今回、旅館の中で大将を見たのはこの時だけです。外で作業しているのは見ましたが(笑)。

想定外と言えば、Wi-Fiが使えたので非常に助かりました。疲れていて、更新しようとはサラサラ思わなかったけど(笑)。
夜、外は土砂降り。渕神様の神通力を感じつつ、この日は22時には就寝という健康的な就寝で。

つづく。

« 大洗 1日目 その2 | トップページ | 大洗 2日目 その1 »

日々徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/60043718

この記事へのトラックバック一覧です: 大洗 1日目 その3:

« 大洗 1日目 その2 | トップページ | 大洗 2日目 その1 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31