ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「VSルパン(さいとうちほ/小学館)」1巻 | トップページ | 「スカーレット・オーダー(環望/メディアファクトリー)」2巻 »

2014年8月23日 (土)

「バーナード・ロー・モントゴメリー(DiD Corporation)」入手

さて。DiD Corporationという会社をご存じだろうか。香港の会社で、主に1/6のリアルなアクションフィギュアを製造しているメーカーである。1/6というとGIジョーに連なる製品ということになるが、日本では大きすぎる上に値段もそこそこするので、イマイチマイナーなのですが。それゆえ、正規の輸入品はすぐに売り切れるし、本社にもあんまり在庫がないから、別の国の玩具屋さんから通販する方が手っ取り早い気もする、そんなメーカーです。

ラインナップを見ても、日本人なら第二次世界大戦のドイツ系のフィギュアが人気になるでしょうし。実際、オークションでも、小物を含めそっち系ばかり。
でも、英国マニアなら、ジェームス・ボンドとかサー・ウィンストン・チャーチル(これがよく似ている)なんかに目が行きます。
しかし、このサイトならあの人しかいない。日本で高い金払って買った人が他にいるのか気になってしまうあの人。
バーナード・ロー・モントゴメリー元帥です(笑)。

20140823_01

箱は二つ折りパッケージで、服も正装とヨーロッパ戦線時代の軍服の2種類が入っています。帽子も戦車士官用ベレーにロイヤルタンクレジメントの記章と将官記章を付けた最も有名なものと、同じく有名なオーストラリアンハットに各師団の記章を付けまくったものが付いています。正直、モンティが最も輝いていたアフリカ戦線の防暑服にサマーセーターというのが入っていないのが不満で。最もそれに近いシャツ姿で飾ってあります。ちなみに、でかくて置き場所に困るので約1/1キリシマの膝の上に(笑)。

20140823_02


顔は、少し後年の写真を元にしているようで、アフリカ戦線の頃はもっと精悍な感じに思うのですが。角度によっては似ているのですが、正面からだと、ちょっと優しい感じのおじいちゃんになってしまっているような気もします(今気がつきましたが、記章が取れ掛かってます……)。

20140823_03

日本が誇るミリタリー少女、じえいたんと2ショットとか。

20140823_04

両手に花とか。

20140823_05

漢祭りとか。

20140823_06

そんな感じで遊べますが。
写真を撮っていると、なんか、英国ミリオタっぽくなります。
個人的に、日本で人気がないのはアイゼンハワーやパットンやブラッドレーの陰謀だと思っているので(確かに癖のある人のようですが、戦場で兵士に気さくに声をかけ、各所を回って士気を高めるというやり方は、ライバルとされるロンメルに似たところがあると思いますし。人種差別的偏見を持っていたと後年言われていますが、アフリカ戦線なんてコモンウェルズのニュージーランドとかインドから兵士が多数来ているわけで、そういったことを表面に出していた形跡はなさそうに感じます。逆に、見方によっては兵士に規律を説いて殴り倒すパットンよりマトモに感じますが。何より、自分の部屋にロンメルの写真を貼って、彼が何を考えているか、ソレばかり考えていたというネタはBLにピッタリだと……)。きっとまた、モンティ特集をやる事でしょう(笑)。

20140823_07

« 「VSルパン(さいとうちほ/小学館)」1巻 | トップページ | 「スカーレット・オーダー(環望/メディアファクトリー)」2巻 »

ミリタリー」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/60193265

この記事へのトラックバック一覧です: 「バーナード・ロー・モントゴメリー(DiD Corporation)」入手:

« 「VSルパン(さいとうちほ/小学館)」1巻 | トップページ | 「スカーレット・オーダー(環望/メディアファクトリー)」2巻 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31