ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「リコーダーとランドセル(東屋めめ/竹書房)」8巻 | トップページ | サンケイスポーツ特別版「ガールズ&パンツァー新聞II号」 »

2014年9月 8日 (月)

「Bridge Classification Signs」を思う

最新の動画トランスコードとか、既にうちのマシンじゃ遅すぎて全く役に立たないことがわかった。まー、わかりゃ、それはそれで。

英国の戦闘車両のマーキングについては、本国の書籍も含めて色々集めたおかげで、ほとんどのことはわかると思っていたけど。
「Bridge Classification Signs」についての記述が無かった。日本語だと橋梁通過重量記号とかだったか?。軍用の重い車輌が橋を渡れるかどうかを確認するための記号で、まー、知識のないドライバーでも「ある程度」わかるようにするための目安みたいなものらしい。
昨年買い集めた「WARPAINT : British Army Vehicle Colours and Markings 1903-2003」のシリーズにも見たところ無いようだし……と本棚を見て気がついたが、Vol.4は買ってなかった。メインが戦後の車輌になるので予算の都合で買わなかったのだが。もし、そちらに載っているといけないので(ペイントについては、時代順なのだが、マーキングについては、分冊的に各巻に分けてある)とりあえず、安い国を探して発注かけた。しかし、円が安くなって洋書が買いにくい時代に。更に、スペインとか危機的状況が去ったのか、一時期ほど安くなくなったし(笑)。
ちなみに、基本は黄色い丸に黒の数字で、トン数を書く、というのは私も空でも言えるのだが。実際には、ソフトスキンとか、カテゴリー分けで、クラス*という表現らしいのだわ。
というわけで、本国も含めてネットで探しまくったが、書いてあるページを見つけるのに3時間くらい掛かったよ。世の中で常識だから書く人もいないのか、それともみんな全く興味がないのか。

ということで、せっかくわかったので、クルマにつけるか(笑)。英国の軍用車輌じゃないから、厳密なクラス分けに当てはまらないので。一般の小型車両だからClass 1 とするのか、1tonだからClass 1 とするのかははともかく、丸一であるのは間違いないな。

« 「リコーダーとランドセル(東屋めめ/竹書房)」8巻 | トップページ | サンケイスポーツ特別版「ガールズ&パンツァー新聞II号」 »

ミリタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/60278966

この記事へのトラックバック一覧です: 「Bridge Classification Signs」を思う:

« 「リコーダーとランドセル(東屋めめ/竹書房)」8巻 | トップページ | サンケイスポーツ特別版「ガールズ&パンツァー新聞II号」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31