ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還(Ark Performance/角川書店)」9巻 | トップページ | 「シャアの日常(南北/角川書店)」1巻 »

2014年10月 4日 (土)

「スズキジムニーの20年史(石川 雄一、二階堂裕/大日本絵画)」

「お前、台風でアンテナ折れるから直しとけ」と言われる。アレはお父様がおいらの古いアンテナ支柱に自分の地上波とBSのアンテナを移設した挙げ句に重量過多で折れ、挙げ句に自分のだけ他にまた移設したというのが成り行きである。ということで「直すから手伝え」ということで屋根に上がったが。支柱は見事に中間部分が半分なくなっており、折れたのではなく、錆びたところを無理矢理金具かなんかで圧迫したために潰れたのではないかという疑惑が……。どちらにしろ色々ダメだったので、結局、馬、支柱、取り付け金具をすべて交換。馬と支柱(適当なアルミパイプを加工)はストックがあったということが色々おかしい(笑)。

「スズキジムニーの20年史(石川 雄一、二階堂裕/大日本絵画)」を読む。
かなり古い絶版本ですが、著者の石川 雄一、二階堂裕・両氏はその後もジムニーの歴史考察本を書いていますので、その最初の本ということになるようです。
で、これが面白い。ホープスターONからジムニーの各モデルについて、詳細に解説されているのですが。実際に大量のジムニーを所有したり、乗り継いだりしている人間が書いているだけあって、スペックだけでない、実際のそのモデルの特徴が赤裸々に書かれている。
読者が読みたいのは、こういう本である、というお手本のような本である。
この手のムックは、隅から隅まで読んでいると大変なので、何が載っているのか確認したあと、興味のあるところをつまみ食い(仕事の資料なんかの読み方だな)、ということが多いのだが。面白かったので、全部読んでしまった。バリエーションモデルが、手に取るようにわかる、というのは本として素晴らしい。戦車なんかでも、もっと実際に乗った人の体験談が多くなったら面白いのに。飛行機は設計者自らが書いた酒器のようなものが大量にあって、それはそれで羨ましいのであるが。
ちなみに、著者の二階堂氏は自衛隊に勤めていたけど、ジムニーが好きなのでスズキに転職してエスクードとか作ったりしたというトンデモな人(現在は四駆専門店の社長)で、日本ジムニークラブの会長も勤めていたという。まー、いい本が書けるのは当然という気がしますな。世の中、愛です。

« 「機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還(Ark Performance/角川書店)」9巻 | トップページ | 「シャアの日常(南北/角川書店)」1巻 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/60422138

この記事へのトラックバック一覧です: 「スズキジムニーの20年史(石川 雄一、二階堂裕/大日本絵画)」:

« 「機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還(Ark Performance/角川書店)」9巻 | トップページ | 「シャアの日常(南北/角川書店)」1巻 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31