ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« クルマは確かに普段から乗っているものだが…… | トップページ | ペンタックス・パワーコードMの4極コネクタの謎 »

2014年10月13日 (月)

「ニンジャスレイヤー グラマラス・キラーズ(さおとめあげは/エンターブレイン)」2巻

「ニンジャスレイヤー グラマラス・キラーズ(さおとめあげは/エンターブレイン)」2巻を読む。
ニンジャスレイヤーの漫画版はいくつかが同時進行していて。そのうちの1つがコレですが、「顔と顔が近い」と呼ばれるこれは、B's LOG COMICS ということからわかるように……BL作品です(笑)。直接的な描写はありませんので、さわやか青春モノのように見えなくもないですが。というか、1巻に比べれば、かなり一般人が呼んでも大丈夫なテイストになっています。
そして、今回はなんと物理書籍としては初めて第3部の内容。とはいえ、主役は「ヒュージシュリケン」なので、半分は第1部ですが。
そして、いつものように、奇々怪々なニンジャではなく、イケメンが大量に出てきます。あくどいやつばかりのソウカイヤのニンジャが、それなりにさわやかに活躍します(笑)。そして、ラオモトが割といい上司に見えます。圧巻は社員旅行で温泉というシチュエーションです。
まー、それはともかく。第3部のシーンの方は、ヤモト=サンがヒロインなので、カワイイ=ヤッター!……ではなく、一般向けっぽい展開に……まー、ニチョームですから、ザクロ=サンとか、あんまり一般的ではないか(笑)。
ということで、1巻は、ちょっとBL臭が強すぎるというか、ニンジャスレイヤーの他作品との差別化を意識しすぎていたのかもしれませんが。2巻は読みやすく、普通に面白い漫画になっているので、イケメン同士がなんかよくわからん感情に流されて死に急ぐヤクザものが嫌いでなければ、読む価値十分かと思います。いや、実際、ヤモト=サンがらみの話はジュブナイル、というかライトノベル的なシンプルな良さがあると思うのですよ。

« クルマは確かに普段から乗っているものだが…… | トップページ | ペンタックス・パワーコードMの4極コネクタの謎 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/60468540

この記事へのトラックバック一覧です: 「ニンジャスレイヤー グラマラス・キラーズ(さおとめあげは/エンターブレイン)」2巻:

« クルマは確かに普段から乗っているものだが…… | トップページ | ペンタックス・パワーコードMの4極コネクタの謎 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31