ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« あんこう祭へ行く[その8]ラスト | トップページ | 修理完了 »

2014年11月27日 (木)

2ペダル車の変速機構について考える

予約していた玩具が続々と到着して、寝る場所が(笑)。

パソコンがbiosエラーを吐いたり、画面が崩れたり、HDDを読みに行かなくなったりとかなりヤバイ症状を発症したので。こりゃあ、もうだめかなぁと思いつつ。中を開けて、ホコリを飛ばし、メモリやHDDを外してコネクタを差し直し。電源を入れたら、何事もなかったように立ち上がった。あと、ファンの音が静かになり過ぎて怖い。
やはり、パソコンの基本は掃除から。

さて。帰りの高速で、オートマのアクセルワークについて色々話が出たのだが。話がヘタなので上手く伝わらなかったようなので、整理してみる。
ちなみに、一般的なオートマをCVTと区別するため、ATと表記する。つまり、2ペダルのミッションはAT、CVT、DCTで区別、表記する。 まず、シフトダウンとシフトアップがごっちゃになっていたけど。前提として、シフトダウンはシフトを使った方が早い(笑)。キックダウンはAT、CVTのどちらでも出来るけど、シフトダウン自体、エンジンブレーキ効かせるときがメインだから、シフトを使った方が早い。スイフトのように7速パドルシフトなんてもんが付いていると、2段までなら一気に下げられるし(それ以上はエンジン回転数が上がりすぎて、減速しないとギアが下がらない場合が多い)。
ということで、問題はシフトアップであるが。
マーチ(K11、K12)の4速ATは停止状態から加速するのに、エンジンが非力なこともあると思うが(特にパワーウェイトレシオが低いK11)。エコ制御もあってか、低いシフトで速度が上がるまで引っ張れない。アクセルを一気に踏み込むと、回転数は上がるが、シフトアップするのはワンテンポ遅れるし、実際スピードも上がらない。回転数を上げたら、アクセルを抜いて早い段階でシフトアップしないと、綺麗に加速することが出来ない。このため、AT車に乗り慣れた人間は、アクセルをペコペコ踏んで、加速とシフトアップを繋げていく癖が付く。このアクセルタイミング=速度とシフトアップのタイミングは、制御系に依存すると思われるため、車によって結構感覚が違うと思う。
これに対して、CVTは、アクセルガン踏みすれば、エンジン回転数が上がっていくのと比例して一気に速度が上がります。で、アクセル抜くと、シフトが一気に上がってエンジン回転数が、がくっと落ちます。おそらく、この間、ギア比は加速に最適なように変化していると思われますが、乗っている人間としてはどう制御しているのか良くわかりません。言えることは、ATのようにペコペコやらなくても、綺麗に加速してくれる、ということで。テクニックも何も無いナーと思います。
ただ、ジャトコの副変速機付きCVTは60km/hほどで副変速機のギアが切り替わるので。ベタ踏みしていると60kmのところでATと同様にギアが切り替わるまで加速しなくなります。このタイムラグを短くするには、やはり、一旦アクセルを抜いて自然にシフトアップさせるようにすると、制御ラグ(回転数だけが上がって、パワーが伝わらない状態)を短縮することが出来ると思われます。
このあたりが、ATとCVTの違いであり、マニュアル車に乗っている人間が無意識にシフトチェンジするのと同様に、AT車に乗り慣れた人間がアクセルペダルでシフトコントロールしているという話なのです。
DCTは乗ったことがないので分かりません(笑)。まー、CVTとの違いは、伝達効率がDCTの方が良いけど、重さはCVTが軽いのに対し、DCTはマニュアル車の2倍のギアを積んでいるためにパワートレインがかなり重くなってしまうということですな。これを解決するには、昔のスカイラインが積んでいたベルトでないトロイダルCVTを使うと全く別次元の使い勝手になるらしいですが。コストが高すぎて採用出来ないそうです(CVTは50万高かった)。

というようなことを車運転しながらよく考えてます(笑)。特に、車替えて2~3か月くらいは、CVTの乗り方が分からなくて、どうやったら速く走れるかずーっと考えてましたわ(笑)。速く走れるというより、自分のイメージするとおりに加速出来るか、ということですな。

あとちなみに。エンジン出力が大きい車だと、適当な運転でも、割と普通に加速してくれます(笑)。非力でエコ制御な小型車だからこそ、工夫が必要なのではないかと……。

« あんこう祭へ行く[その8]ラスト | トップページ | 修理完了 »

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/60724032

この記事へのトラックバック一覧です: 2ペダル車の変速機構について考える:

« あんこう祭へ行く[その8]ラスト | トップページ | 修理完了 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック