ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 寝オチ寸前 | トップページ | 「世界征服謀略のズヴィズダー(鈴木マナツ/一迅社)」3巻、「世界征服~純潔のホワイトライト~(Hamao/一迅社)」 »

2014年12月 3日 (水)

「金魚坂上ル(PEACH-PIT/講談社)」4巻

ここ1週間くらいの記憶が妙に薄いなぁ。
昨日は、9時頃に目覚ましをかけて仮眠し、10時に目覚ましを止めて、気がついたら夜中の1時半だった。

「金魚坂上ル(PEACH-PIT/講談社)」4巻が発売中です。
書く書くといいながら、体調不良でなかなか書けませんでしたが。結構衝撃的な展開です。
元々、主人公・にしきの過去や記憶の描写から、かなりファンタジーめいた作風かと思われましたが。ここにきて、一気にファンタジー→ミステリーへと変化。狐の兄妹と思われた二人も、秘密と溝があるようだし。何より、3巻あたりからミステリアスというより怪しい本性を出してきた紺が、ここに来て、一気に小悪党じみてきました。紺の主観からすると、一気に思惑が崩壊してきたというか。ボロが出始めたというか。頭がいいから、色々と策を巡らして、自分の思い通りに人を動かそうとしていたようだが。
紺の過去が見えてくると、そのリアルさに、1巻辺りで描かれていたファンタジー性がそのまま「嘘」にしか見えなくなるんだな。
逆に「現実」の象徴だった蒼馬の方が、一気に株を上げているというか、物語の全面に躍り出てきたようで。この辺の転換が実に面白い構成。
あと、番外編が面白すぎるというか、キャラ立っているねぇ。

« 寝オチ寸前 | トップページ | 「世界征服謀略のズヴィズダー(鈴木マナツ/一迅社)」3巻、「世界征服~純潔のホワイトライト~(Hamao/一迅社)」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/60756051

この記事へのトラックバック一覧です: 「金魚坂上ル(PEACH-PIT/講談社)」4巻:

« 寝オチ寸前 | トップページ | 「世界征服謀略のズヴィズダー(鈴木マナツ/一迅社)」3巻、「世界征服~純潔のホワイトライト~(Hamao/一迅社)」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31