ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「インテリビレッジの座敷童(鎌池和馬/アスキー・メディアワークス)」5巻 | トップページ | 水玉螢之丞さんがお亡くなりになったということ »

2014年12月16日 (火)

「航空ファン別冊 第2次大戦の日本戦車 97式中戦車写真集(文林堂)」

DA21mmとか15mmとかの「これまで歪曲とか周辺が問題になっていたレンズ」がK-3の補正でよろしい感じになっていたら欲しいなーとか思いつつ調べてみたり。よくわからん。
大きささえ気にしなければ12-24mmで決まりなのだが。
フルサイズさえ出してくれれば28mmと31mmがあるからどうとでもなるのに。

「航空ファン別冊 第2次大戦の日本戦車 97式中戦車写真集(文林堂)」という大昔の書籍を入手したのだが。この中で重砲を牽引する写真に。土浦の武器学校で見学に付いてきてくれた自衛官の人に教えてもらった「移動中、防盾の前に付いているステップの所に座る」というものがあった。その時には、火砲の展示館に実際に人が乗っている写真がなくて、「写真があったハズなんだけどなぁ」ということでしたが。これで、実際の所確認出来ました。一応持ち手のようなモノはあるようですが、乗っている兵隊さん、銃を持ったママなので速度が速かったら落とされそうですが、ステップに足をかけて踏ん張っているようにも見えるので、意外と何とかなったのか。いや、銃を持っている方の兵隊さんは涼しい顔をしているけど、その向こうの兵隊さんは、割と必至に踏ん張っているっぽいなぁ。
まー、それ以前に履帯式のトラクターに曳かれているので、速度が遅かったっぽいですが。
ダートを走るときの怖さは、トラックの荷台に乗って走ると分かります。本気で放り出されそうになるって。

« 「インテリビレッジの座敷童(鎌池和馬/アスキー・メディアワークス)」5巻 | トップページ | 水玉螢之丞さんがお亡くなりになったということ »

ミリタリー」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/60816652

この記事へのトラックバック一覧です: 「航空ファン別冊 第2次大戦の日本戦車 97式中戦車写真集(文林堂)」:

« 「インテリビレッジの座敷童(鎌池和馬/アスキー・メディアワークス)」5巻 | トップページ | 水玉螢之丞さんがお亡くなりになったということ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31