ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 生きるのが辛いとか | トップページ | 「蒼き鋼のアルペジオ(Ark Performance/少年画報社)」10巻 »

2014年12月30日 (火)

「世界の無名戦車(斎木伸生/アリアドネ企画)」

寝オチが常態化して隔日しか更新出来てない……。

今日は平日ということで、医者に行ったり銀行に行ったり、忙しいような適当なような。とりあえず、部屋の中味は容積的にそのままでは片付かないことが確定しているような。

最近、文字の本は中途半端に読み散らかしているので、書くに書けない。さすがに、最後まで読まないトナー。

「世界の無名戦車(斎木伸生/アリアドネ企画)」を読む。
どっちかというとテーマを絞った本が好きなのだが、この本に掲載されているものの大半は個別に採り上げることが出来ないほどに情報が少なかったりするような、マイナーな戦車ばかりである。無名戦車という括りであるが、中には、P40のようにイタリアの偉い人の活動が実って一気にメジャーになった戦車や、ドラゴンが模型化したことによって日の目を見た戦車とか、コモンウェルズ関係を勉強していれば普通にメジャーなラムやセンチネルなんかも在りますが。特に、東欧諸国の急造戦車みたいなのは、聞いたこともないような奴だったりします。
まー、文章が斎木伸生氏でイラストが上田信氏という時点で、戦車関係の書籍として外れと言うことはないので、安心して読めますが。実地で本物を見てもそれがレプリカかどうか良くわからなかったというようなものや、もうちょっと調べようよ、というネタも書いてあったりするので、やはりライト向けの企画本という部分もあります。マニアな人も、資料というよりマイナー戦車に対するとっかかりとして読めば、新たな発見があるかも。

« 生きるのが辛いとか | トップページ | 「蒼き鋼のアルペジオ(Ark Performance/少年画報社)」10巻 »

ミリタリー」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/60888736

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界の無名戦車(斎木伸生/アリアドネ企画)」:

« 生きるのが辛いとか | トップページ | 「蒼き鋼のアルペジオ(Ark Performance/少年画報社)」10巻 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31