ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「満開!Sister(東屋めめ/芳文社)」4巻 | トップページ | 「BTOOOM!(井上淳哉/新潮社)」16巻 »

2015年1月15日 (木)

「タミヤ クラフトヤスリPRO」

喉が痛い。空気乾きすぎ。?雨では?風邪か?

ここのところ、オークションでは間違えたり、寝過ごしたり散々な感じですが。
普通にお店で良い商品も買っております。

さて、工具好きなのでゴッドハンドのアルティメットニッパーを入手して楽しようかと思っていましたが、スケールモデルではイマイチありがたみが薄いので(パチ組みでこそ真価が発揮される)、もう一つ、評判の良い工具を買ってみました。
「タミヤ クラフトヤスリPRO」です。今回は平16mmと丸3mmを買ってみました。ホームセンターで組みヤスリがいくつ買えるか、というお値段です(笑)。
このヤスリ、S15Cの侵炭焼き入れで、HRC55(ロックウェル硬度55)以上となかなかのものです。刃を傷めるので金属は削らないで下さい、ということですが。HRC55っつーと、HV595ですから、理論的には一般のステンレス鋼でも楽勝で削れることになります。プラスチック相手ならオーバースペックもいいとこです。
でももったいないからやらない。
このヤスリの凄いところは硬さではなく。切削で作った特殊な波目に、削りカスの排出性を高めるチップブレイカー装備、というところです。そのため、見た目も一般的なヤスリと違っていて、細目や油目に比べて粗く感じるくらいです。
一般的な金ヤスリは、油目であっても使うとヤスリの粗い目の線がプラスチックに刻まれるため、紙ヤスリでの仕上げが欠かせません。というか、一歩間違えると、深い傷が出来て、仕上げが余計に面倒なことになります。特に、安い物はエッジの処理が粗くて傷を付けやすいものが多いです。それを利用して筋彫りやったりもしましたが。
ところが、このクラフトヤスリPROは目立ての精度がいいのか、目の一つ一つが「刃」として機能するのか、ほとんど傷が付きません。そんな評判を目にしてはいましたが、実際に使ってみるともなるほどと思います。確かに、コレなら平面出しが楽です。
ついでに買った丸ヤスリは、最初見たときコイルスプリングかと思うほどに粗くてビックリしましたが。こちらも、よく削れます。ただ、平面を凹ますように溝を掘っていくと(本来の丸やスリの使い方ではないですが)、ヤスリの目が転写されたような微妙な凹凸が発生します。本来、傷は切削方向に付くかと思われるのですが、なぜか、直行方向にリングでも押しつけたかのような跡になります。おそらく、ヤスリを止めたときに目の切削面がそのまま残っていると思われますが、一般のヤスリでは起こらない現象なので(普通は単に面が荒れている)非常に興味深いです。
というわけで、金で時間が買える便利ツールの紹介でした。ただ、仕上げ面の精度については、人によって感じ方が違いますし。紙ヤスリによる仕上げがいらないというわけではなく、あくまで私が使ったことのある他の金ヤスリとの比較ですので。期待と違ったとか怒らないようにご注意下さい(笑)。

でも、筆塗りドライブラシ仕上げなら、このままでもいけそうな気がするな。

« 「満開!Sister(東屋めめ/芳文社)」4巻 | トップページ | 「BTOOOM!(井上淳哉/新潮社)」16巻 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/60975737

この記事へのトラックバック一覧です: 「タミヤ クラフトヤスリPRO」:

« 「満開!Sister(東屋めめ/芳文社)」4巻 | トップページ | 「BTOOOM!(井上淳哉/新潮社)」16巻 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30