ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「ハヤテのごとく(畑健二郎/小学館)」44巻と「公式同人誌」 | トップページ | 「タミヤ1/25センチュリオン」その4(転輪の話) »

2015年3月27日 (金)

ヘンロン 1/16 IV号F2

ヤバイ。今週は全然仕事した気がしない。ちゃんと仕事していたのに……営業からの以来ばっかりこなしていて、自分の仕事が進んでねー(笑)。

さて、1/25センチュリオンはボチボチ進んでいますが。40年前のキットとは思えない精密さで、結構手間が掛かってます。これ作ったタミヤスゲー。まー、当時の金型技術のせいで、型ズレとか面倒な点や問題点も多々ありますが。

で、メカの比較対象が欲しかったのと、でかい戦車おもしれーと思ったのと、アフターパーツ(金属パーツとか、制御基盤とか)が色々あって中味を全部取っ替えられるくらいいじれるのが面白そうと思ったので。
ヘンロンの1/16IV号F2を買ってしまいました(笑)。

20150327_1

キューポラにはスウィングのさおりんが入っていますが、正直、小さすぎます(笑)。
まだ、工具類を取り付けていないので穴だらけですが。思ったよりも、よく出来ています。プロポーションは少しディフォルメが効いていて、トイ系の戦車によくある「フェンダー短くね?」とか「ゲペッグカステン、1.5倍くらいあるわな」とかありますが。足回りのサスペンション構造とか。ヒンジのディティールとかよく出来ています。遊び倒すか、いじるかで大分変わってきますね。思っていたよりも良くできているので、外装系で散財はしなくて済みそう。足回りを金属製に置き換えると、もう一台欲しくなるかも(笑)。
制御系は2.4Gに置き換えたいので、一般の受信機が使えるものに載せ替えたいですね。
ちなみに、ゲペッグカステンの中には砲塔のメカがはみ出しているので、BB弾の射出機構をあきらめて別メーカーの旋回&リコイルシステムを組み込まないと、小さくは出来ないので。割り切りは必要かと。正確さを求めるなら、6倍くらい高いタミヤのフルオペを買うべきでしょう。
とりあえず、箱から出してすぐ遊べるのは、トイラジのいいところです。昔、トミーの74式ベースの玩具(マイティタンク)で遊び倒したのを思い出します。
ただ、プラキャタピラは意外と踏ん張れないですね。メタルキャタピラだと変わるかな?
アメリカ系や現用ならゴムパッド付きの履帯という手がありますが、大戦中のドイツにはないですから。

20150327_2

ちなみに、新書サイズの漫画本と比べるとこのくらいのサイズ。
正に、大人の玩具(笑)。
[私信]
関係者で興味のある人は、是非ご一報を。ここれは簡単に遊べるぜ。

« 「ハヤテのごとく(畑健二郎/小学館)」44巻と「公式同人誌」 | トップページ | 「タミヤ1/25センチュリオン」その4(転輪の話) »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/61347661

この記事へのトラックバック一覧です: ヘンロン 1/16 IV号F2:

« 「ハヤテのごとく(畑健二郎/小学館)」44巻と「公式同人誌」 | トップページ | 「タミヤ1/25センチュリオン」その4(転輪の話) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31